雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記

福島原発事故の収束を、脱原発へ、被災地復興は住民主体で、構造改革の押付けは許されない。政治のベクトルは常に「人間を幸福にする」ために…その想いで見て聞いて語っての走り書き

前のページ<<864863862861860|859|858857856855854次のページ>>

日々の努力と筋を通すことに再評価の声が

2012.12.30 20:34:53


前回、2012年1月3日の箱根駅伝ゴール地点(大手町) 応援に行ったのです。

年末の訪問・挨拶活動が続きます。昨日は青木・並木地区、今日は南平地区と芝地区を訪問しました。

どこでも開口一番は総選挙の話題に。「残念だったね!」「数が多すぎて分からなかった」「言っていることが同じに聞こえた」「安倍さんでは心配だ」・・・感想は様々ですがみな教訓的です。

「未来の党はもう分裂したね」「分かっていたことだ」「維新もいつまでもつか」の声も・・・。それでも受け皿として選択した有権者が大勢いたことは現実です。

受け皿の選択肢として共産党は入っていたのだろうか・・どんなことがあっても固い信頼を得るためには普段からの結びつきが大事。

「党が多かったから筋を通すのがおたくの党だと良くわかったよ」と、うれしい声もありました。

まもなく2013年。一歩一歩、党を知ってもらう活動に気持新たに踏み出す決意です。

1月2,3日は楽しみな箱根駅伝。選手たちには1年の集大成です。みながんばれ~。

テーマ:共産党/ コメント(1)/

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

東洋大残念でしたね。2位だって十分立派なんだから、泣かなくていいよと言ってあげたかったです。BB

babatami 2013/01/04(Fri)17:02:20 編集

ページの先頭へ▲

  • プロフィール
  • まさつぐのお約束
  • チラシ・宣伝物

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カウンター

アクセス解析