雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記

福島原発事故の収束を、脱原発へ、被災地復興は住民主体で、構造改革の押付けは許されない。政治のベクトルは常に「人間を幸福にする」ために…その想いで見て聞いて語っての走り書き

前のページ<<次のページ>>

県内視察②「アクアクララ(株)熊谷プラント」

2013.02.05 22:20:13


後ろはリターナルボトル 

午後の県内視察は、県企業局が整備した妻沼西部工業団地内のアクアクララ株式会社です。アクア社は飲料水宅配国内最大手の企業です。

井戸水を逆浸透膜を使ったろ過システムでろ過、ミネラルを配合して「デザインウォーター」と呼ぶ飲用水を製造しています。それをフランチャイズ方式で全国45万件のエンドユーザーへ宅配しているそうです。

リターナブルボトルの利用は環境を考えたからとの説明でした。グリコもそうですが、交通の便、一大消費地に近接、労働力の確保、行政の協力等々、総合的に評価して埼玉を選んだとのことでした。

12月議会で報告された契約後に事業者が撤退してしまった工業団地が同じ団地の一画にあることを知り、事業の難しさも感じた視察となりました。

テーマ:景気対策/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

県内視察① 「グリコピア・イースト」を視察

2013.02.05 22:00:29

 
右に見えるのがグリコギター

産業労働企業委員会の県内視察がありました。最初に訪問したのは北本市にある関東グリコ株式会社。

内部の写真撮影は禁止で外からエントランスを撮りました。ここは一粒で3百メートルで有名な江崎グリコが北本市内に建設した新工場です。

昨年4月に本格稼働。見学施設
「グリコピア・イースト」が人気です。この日も大勢の見学者が訪れていました。

ひと言でいえば「明るく清潔、最新」につきます。160メートルもの長いラインで生地から焼き、梱包まで、商品としてのグリコポッキーが出来あがります。その製造行程を学習的に見学できるのです。

県は産業観光にも力を入れていて、当委員会がここを視察先とした理由が分かりました。


テーマ:景気対策/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

川口宿鳩ケ谷宿日光御成道・商工まつり開かれる

2012.11.10 19:44:26


さくら建築センター:右端に見えるのがサンプル(黒と白の材が継がれて1本になっています)

秋晴れの下、旧鳩ケ谷市役所駐車場を会場に、「川口宿鳩ケ谷宿日光御成道・商工まつり」が10,11日と開かれました。11日には日光御成道社参行列が行われます。

会場には様々なお店が並び大勢の市民で賑わっていました。埼玉土建の組合さんによる「さくら建築センター」をのぞくと、竹とんぼなど職人さん手づくりの遊具が置いてありましたが、興味を惹かれたのは木と木を継いだ柱材のサンプルです。

その継ぎ方は角材の4面とも
「鎌継ぎ」とされていて、大工さんは「外せるよ」と言いますが、一体どうやって組み立てたのか分かりませんし、組あがった材が外せるとは考えられないのです。

私と大工さんとが話をしていると人だかりとなりました。みなさんも「どうやって組んだのだろう」と不思議そうに見ています。

大工さんが素手で材を動かすとぐらぐらと動き始めました。外れそうです。でも、その先は道具がないと無理、とのこと。と言うより企業秘密のようでした。

この継ぎ手は大阪城にも使われているとの説明でしたが、この継ぎ手の出来る職人は今はほとんどいないとか。昔の「匠」は凄かった。

テーマ:景気対策/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

ふれあい住宅デー 

2012.06.10 21:38:47


これ皆さんの手づくりですか~と、奥田智子さん

川口市内33会場でふれあい住宅デーが開催されました。私は奥田智子衆院2区予定候補と一緒に駆け回りました。残念ながら全会場はとても無理でしたが、何とか14会場へは行くことができました。主催は埼玉土建川口支部で、国交省・林野庁・埼玉県・川口市が後援しています。

内容は、地元建築プロによる住まいのなんでも相談会をはじめ、包丁研ぎ、まな板削り、木工教室、健康チェック、バザー、模擬店など多彩です。柳崎のこども工作教室を覗くと、小学生の女の子が杉板で造った植木の箱をハンドガスバーナーで焼いている最中です。白木が黒く焦げ、杉の木理がきれいに浮いて出てきます。脇で大工さんが見守る中、その子はなかなか上手です。聞くと、初めてやったとのこと。学校ではとてもできない体験ですね。モノ作りの喜びを感じてくれたことでしょう。

毎年6月に行われる「住宅デー」ですが、各会場ともすっかり地域の行事として定着しているようです。地元の職人さんや技能士・技術者の存在は、まさに地域力、宝とも言えます。皆さん、今日はお疲れ様でした。

テーマ:景気対策/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

猫の細道

2012.06.07 21:08:32


いくらでも撮影してくださいニャン

視察続報 広島県尾道市役所の観光行政の取組み(5日) 

尾道市では「おのみちフィルムコミッション」が市観光課につくられています。数多くの映画のロケも行われ、それを目当てに多くの観光客が訪れます。


千光寺公園にある「猫の細道」は、人気女優の北川景子さんによるテレビCM撮影が行われ、若者が大勢訪れているそうです。地元の猫も実に誇り高く、我々が何度カメラのシャッターを切っても微動だにしません。お気の済むままどうぞ・・・(ニャン) 

テーマ:景気対策/ コメント(3)/

ページの先頭へ▲

スタンプラリーの効果:地域循環型経済で元気に!

2011.09.11 19:25:50





すぐに上手にソーメンをとれる様になりました

川口民商さんによる戸塚での流しソーメンにご案内をいただき、板橋博美市議さんと行ってきました。会員さんの駐車場を借り、シートも張って雨対策もばっちりです。すでに家族連れの会員さんらで賑やか。立派な孟宗竹を2つ割にしたのは大工さん。さすがにプロ、お椀やお箸、ビールジョッキまで竹で作ったそうです。

小さいお子さんには、流しソーメン(実は長いひやむぎ)ははじめは難しく、お父さんからは「向き変えて!」の声がかかります。中には、子どもそっちのけで食べている若いお父さんも。それも何故か微笑ましい。

私の方は役員さんと、8日の
スタンプラリーの話題で盛り上がりました。このラリーはチケットを買い、指定された3軒の飲食店を回って飲み食いし、スタンプをもらって最後に抽選会となります。当日は200名超す参加者で、みなさんが一斉に西川口や蕨の繁華街へと繰り出しました。

私は青年部の方々と一緒に楽しませていただきましたが、この夜は商店街に活気が出て、お店の方もお客さんが大勢来てくれ、中には満員になった店も出て、うれしかった、良かった、来年もやりたい!と、大好評だったと役員さんも大満足。
これこそ
地域循環型経済、みんなが喜び元気になるスタンプラリー、是非、次回はもっと大規模にやりたいものだ、と意見が一致しました。

テーマ:景気対策/ コメント(0)/ トラックバック(0)

ページの先頭へ▲

驚きの経済効果「秋田県住宅リフォーム助成制度」

2011.08.30 22:05:19

県議団は29、30日と秋田県を視察、「住宅リフォーム助成制度」を学んできました。
秋田県庁では県住宅課より導入の経緯、実績等についてご説明いただきました。

平成22年4月に当初予算7,000戸、12億6千万円でスタート、申請が殺到したため補正予算を組み、6,000戸を追加、最終的に15000戸、21億60万円の予算となったそうです。22年度の実績は、13996戸、予算執行19億9630万円、経済波及効果は470億円に達するそうです。予算に対して約24倍の経済効果です。23年度は12,000戸、17億400万円でスタートしたそうです。

県民からも業者からも大歓迎され、忙し過ぎると言いながらも職員の皆さんは生き生きしているようでした。県が実施する前は2つの市町村しか実施をしておらず、県に後押しされる形で現在は22の市町村が実施するまでになりました。しかも、県との併用利用で最高50万円の助成となることも人気の秘密の一つです。

制度の実現に議会で奮闘した日本共産党の山内梅良県議にもお会いできました。また、運動の中心となった民商さんの会長、事務局長さんにもお話しを聞くことができ、さらに、実際に助成制度を利用している工務店の社長さんも紹介していただき、「リフォームは大工でないとできない、仕事が増えてありがたい」との現場の声に触れ大変有意義な視察でした。皆さん、ありがとうございました。

明日からは、長野で開催される
日本住宅会議のサマーセミナーに参加します。テーマは「東日本大震災と居住支援・まちづくり」です。大事な内容です。明後日は東京に戻り、「八ッ場ダムを考える1都5県議会議員の会」の総会に出席します。目の回る忙しさですが、しっかり学んで9月議会に生かす決意です。

テーマ:景気対策/ コメント(0)/ トラックバック(0)

ページの先頭へ▲

  • プロフィール
  • まさつぐのお約束
  • チラシ・宣伝物

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カウンター

アクセス解析