雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記

福島原発事故の収束を、脱原発へ、被災地復興は住民主体で、構造改革の押付けは許されない。政治のベクトルは常に「人間を幸福にする」ために…その想いで見て聞いて語っての走り書き

前のページ<<600599598597596|595|594593592591590次のページ>>

スタンプラリーの効果:地域循環型経済で元気に!

2011.09.11 19:25:50





すぐに上手にソーメンをとれる様になりました

川口民商さんによる戸塚での流しソーメンにご案内をいただき、板橋博美市議さんと行ってきました。会員さんの駐車場を借り、シートも張って雨対策もばっちりです。すでに家族連れの会員さんらで賑やか。立派な孟宗竹を2つ割にしたのは大工さん。さすがにプロ、お椀やお箸、ビールジョッキまで竹で作ったそうです。

小さいお子さんには、流しソーメン(実は長いひやむぎ)ははじめは難しく、お父さんからは「向き変えて!」の声がかかります。中には、子どもそっちのけで食べている若いお父さんも。それも何故か微笑ましい。

私の方は役員さんと、8日の
スタンプラリーの話題で盛り上がりました。このラリーはチケットを買い、指定された3軒の飲食店を回って飲み食いし、スタンプをもらって最後に抽選会となります。当日は200名超す参加者で、みなさんが一斉に西川口や蕨の繁華街へと繰り出しました。

私は青年部の方々と一緒に楽しませていただきましたが、この夜は商店街に活気が出て、お店の方もお客さんが大勢来てくれ、中には満員になった店も出て、うれしかった、良かった、来年もやりたい!と、大好評だったと役員さんも大満足。
これこそ
地域循環型経済、みんなが喜び元気になるスタンプラリー、是非、次回はもっと大規模にやりたいものだ、と意見が一致しました。

テーマ:景気対策/ コメント(0)/ トラックバック(0)

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

ページの先頭へ▲

  • プロフィール
  • まさつぐのお約束
  • チラシ・宣伝物

カレンダー

12 2017/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カウンター

アクセス解析