雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記

福島原発事故の収束を、脱原発へ、被災地復興は住民主体で、構造改革の押付けは許されない。政治のベクトルは常に「人間を幸福にする」ために…その想いで見て聞いて語っての走り書き

前のページ<<687686685684683|682|681680679678677次のページ>>

県立小児医療センター移転に道理なし、患者と地域の切捨ては許せない。

2012.02.14 21:21:35

県議会は20日に開会されます。新年度予算案では、さいたま新都心への県立小児医療センター移転に伴う土地購入費・設計費用等に123億1900万円が提案される予定です。すでにこのブログでも指摘してきた通り、移転には道理はありません。

さいたま新都心でのタワー誘致の失敗、その後の超高層ビル建設も失敗し、とにかくその空き地を開発したいと、昨年6月、県知事選を前に唐突に県立小児医療センターとさいたま赤十字病院の合体計画を打ち出したのです。

県立小児医療センターは、県東部や中央医療圏における小児救急受入れの4割を担っています。難病や障害をもったお子さんのご家庭ではセンター周辺に移り住んでいる方もおります。周辺自治体や患者の皆さんからの移転しないで欲しい、との訴えは当然です。しかも、新都心では敷地は狭く交通渋滞も予測され、
それは難病を抱えたお子さんの命に直結します。小児科医からは搬送中に死んでしまう子も出るとの指摘です。

新都心は商業エリアです。スーパーアリーナなど様々なイベントも開催され賑わう場所、そこに難病を抱えた子どもたちや1分1秒を争う子どもと家族、同じ空間をどうして共有できるでしょうか。何と無神経なのか・・・、現センターは緑ある落ち着いた環境にあります。新都心の高層タワービルには特別支援学校の運動場も散歩道もつくれません。民間と県という異なる経営体でいまくいくはずはありません。

党県議団は、本日、現センターのある岩槻に行き、医療関係者や住民の皆さんと懇談を行いましたが、懇談すればするほど
「移転は現地と患者の切捨てであること」「移転でなく現地建て替えとすること」「さいたま新都心は日赤病院を県が支援して機能の充実を図る」この点で意見は一致しました。この事実を広く県民に伝え、反対の世論をつくることが急がれます。

皆さんからは、県立小児医療センターに関係する自治体から選出された県議会議員は一体どんな立場をとっているのか、地元の声を分かっているのか・・・厳しい声があがりました。有権者としてきっちり見ているのです。

テーマ:社会保障/ コメント(2)/ トラックバック(0)

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

とんでもない話しです

東京でも同様なことがありました。国立小児病院が移転統合をして不便になり、患者切り捨てをしました。あってはなりません。怒り浸透は私も同じです。きちんと建て替えで対応すべきです。さて、赤羽駅でも増税反対行動を行っていました。消費税は生活破壊ではないでしょうか? ただでさえ低賃金で生活保護基準以下の賃金では崩壊します。ましては、入院した時に生活保護制度を利用する人達も少なくないです。生活安定優先ですね。

土屋 2012/02/17(Fri)17:55:26 編集

一斉宣伝

18,19日と消費税増税反対一斉宣伝に取組んでいます。全国で声をあげましょう。

マサツグ 2012/02/18(Sat)19:37:32 編集

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

ページの先頭へ▲

  • プロフィール
  • まさつぐのお約束
  • チラシ・宣伝物

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カウンター

アクセス解析