雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記

福島原発事故の収束を、脱原発へ、被災地復興は住民主体で、構造改革の押付けは許されない。政治のベクトルは常に「人間を幸福にする」ために…その想いで見て聞いて語っての走り書き

前のページ<<857856855854853|852|851850849848847次のページ>>

埼玉県農民連が県農林部に対して新年度予算要望を行う

2012.11.27 21:03:39


県議団を代表してあいさつ

埼玉県農民連は26日、県庁内で2013年度予算への要望を行いました。党県議団も同席し、村岡が代表してごあいさつをさせていただきました。

農民連からは、深谷、本庄、加須、大利根、草加、さいたま市などの各地から生産農家が大勢参加されました。

米農家からは、高温障害に強い品種の早急な開発と実用化を求める訴え、別の農家からは、利根川からの取水口の土砂堆積問題や宅地並み課税に苦しむ都市農業からの訴えもあり、厳しい農家の現実を知って欲しいと、発言が相次ぎました。

私は、先の決算特別委員会での農林部の審議状況をお伝えし、今、TPP参加問題が重大な時を迎えている、日本の農業の在り方は国の形にかかわる大問題、私たちはTPP参加に断固反対です。と、ごあいさつしました。

応対した県農林部のみなさんからは、要望に一つ一つ丁寧に回答していただきました。懇談に同席して、埼玉の農業を守り発展させる上で農家と行政がしっかりとスクラムを組むことが不可欠だと実感したところです。みなさんお疲れ様でした。

テーマ:農業/ コメント(1)/

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

いよいよ都知事選です

いよいよ本日都知事選の告示日となりました。第一声の有楽町には間に合いませんでしたが、昼の四ッ谷駅前での支援に駆けつけました。たくさんの人が集まり素晴らしかったです。脱原発・反貧困に立ち向かう姿は頼もしいですね。何としても宇都宮都知事は実現をこめて支援します。埼玉からもご支援よろしくです。

土屋 2012/11/29(Thu)18:48:16 編集

ページの先頭へ▲

  • プロフィール
  • まさつぐのお約束
  • チラシ・宣伝物

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26
28 29 30 31

カウンター

アクセス解析