雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記

福島原発事故の収束を、脱原発へ、被災地復興は住民主体で、構造改革の押付けは許されない。政治のベクトルは常に「人間を幸福にする」ために…その想いで見て聞いて語っての走り書き

前のページ<<881880879878877|876|875874873872871次のページ>>

精神障害者交通運賃割引に関して埼玉県バス協会へ申し入れ

2013.01.25 18:15:39

今朝は、さいたま市議団(山崎 章団長)のみなさんと、伊藤岳県国民運動責任者らと埼玉県バス協会を尋ねました。用件は、精神障害者交通運賃割引に関しての申し入れのためです。

身体・知的障害者は運賃の割引対象となっていますが、精神障害者は割引の対象になっていません。障害者団体や家族にとって割引の実施は大きな願いです。

昨年7月31日、国土交通省は「一般乗合旅客自動車運動事業標準運送約款」の一部改正を行い、第4条運賃の割り引の項に、対象に「精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている者」を加えました。そこで県内のバス事業者に、今日は是非、割引を実施して欲しいとお願いに伺ったのです。

応対された専務理事の鶴岡 洋さんは、あくまで事業者さんの判断ですがと前置きした上で、この問題では乗合部会において新年度から実施できる方向で検討が続いています。と、期待のもてる回答でした。

専務からは逆に、東京では都から補助が出ている、埼玉県やさいたま市でも検討して欲しい、割り引となった際、手帳を開いて写真の見える様に関係者に協力して欲しい。と、要望が出されました。しっかり受け止めましたとお答えしました。

その他、民間バスにも公共交通機関としての支援を、県の路線バスへの補助について、今後の燃料について、などなど、なごやかに懇談ができました。

最後に、県議団の作成した公開研修会記録集「原子力技術の根本問題と自然エネルギーの可能性」の冊子を、参考にとお渡しさせていただきました。
県バス協会のみなさん、さいたま市議団のみなさん、今日はありがとうございました。

テーマ:社会保障/ コメント(0)/

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ページの先頭へ▲

  • プロフィール
  • まさつぐのお約束
  • チラシ・宣伝物

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カウンター

アクセス解析