雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記

福島原発事故の収束を、脱原発へ、被災地復興は住民主体で、構造改革の押付けは許されない。政治のベクトルは常に「人間を幸福にする」ために…その想いで見て聞いて語っての走り書き

前のページ<<10171016101510141013|1012|10111010100910081007次のページ>>

建築とまちづりセミナーin金沢2013に参加

2013.08.27 23:11:26


会場の本多の森(旧石川厚生年金会館)から現地調査に出発する参加者ら

23日~25日に金沢市で開催された「建築とまちづくりセミナーin金沢2013」(主催:新建築家技術者集団)に参加してきました。初日の石川県は激しい雷雨に襲われ、私も会場に着く前にずぶ濡れとなってしまいましたが、会場となった本多の森会議室には全国から100名を超える建築関係者が参加して、セミナーは期待の中でスタートしました。

 

3日間の内容は全5講座と現地見学会です。初日の第一講座では「転換期の捉え方と建築家の職能」と題して、講師の前福井大学副学長の櫻井康宏名誉教授が「私たちは今どこにいるのか?」と問いかけ、転換期における科学者の役割について述べられました。特に、「生活の社会化」の視点の指摘はなるほどと感じました。

 

2日目の第4講座では、東北工業大学の新井信幸准教授が「東日本大震災・住宅主体の復興まちづくりへの挑戦」と題して、仙台市のあすと長町仮設住宅団地や荒浜地区、三本塚地区で自らかかわる復興事業の取り組みについて報告。新井先生は、被災者のみなさんとワークショップなどを重ねる中で、「希望の見えることの大切さを実感させられた」と発言、胸を打つものがありました。

 

(株)金沢建築とまちづくり研究所会長の永山幸一先生が「木構造文化と町家・町屋--金沢」の講座で述べた「まちを解説するだけでなく、自ら住むまちを編集していくことが大事だ」は、とても深いことばです。

三澤 浩先生による「落水荘のFLライト」、丸谷博男先生による「北欧住宅と日本の古民家に学ぶエコハウスの作り方」も興味深い講座でした。

 

セミナー会場となった金沢市は、加賀百万石の歴史遺産をもつ魅力的なまちです。加賀友禅、金箔工芸、九谷焼などなど、伝統工芸、さらに、伝統芸能もすばらしく、風土的には極めて保守的と聞きましたが、そうした中で、かつて、市内中心部での再開発計画の際、地元の新建の仲間たちの運動で、「近江市場」という庶民の台所であった「市場」を残すことができたという歴史を知り、永山先生の「自らまちを編集していく」このことばがより印象に残りました。

 

学習づくめでしたが、金沢の魅力の「食」もちょっぴり、この「近江市場」で食べた「海鮮丼」は最高でした。セミナーで学んだことを9月議会に少しでも生かしていくつもりです。


テーマ:まちづくり/ コメント(3)/

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

秋の活動大いに盛り上がって行きましょう

9月から、秋の活動が多くなっていきます。 原発・反貧困・青年大集会等たくさんあります。 大いに盛り上がって行きましょう。 来月には川口での困りごと相談会が開催されるとの事が今井市議さんからご連絡がありました。私もやりくりしてお伺いしようと思いますのでよろしくお願いします。

土屋 2013/08/29(Thu)21:35:08 編集

●日本共産党応援ネット勝手連(通称紫陽花クラブ)通信のお届け

●日本共産党応援ネット勝手連(通称紫陽花クラブ)通信のお届けと、
同北関東支部オフ会への参加のお誘いについて

柳下礼子 、村岡正嗣(以上埼玉県議) 、
大内くみ子(茨城県議) 
荒川恒男、 福田久美子(以上宇都宮市議) 
伊藤祐司、酒井宏明(以上群馬県議) 各位


2013年9月1日
日本共産党応援ネット勝手連(通称紫陽花クラブ)代表
琵琶玲玖北海道帯広市在住
同副代表 潤:( http://blogs.yahoo.co.jp/j60jp/)埼玉県所沢市在住
同北関東支部代表反フアシズムブロガー同盟埼玉県秩父市在住
同モニター Naolin埼玉県久喜市在住

参議院選挙の投票日より、1カ月と10日余を経ました。
躍進の余波は、日が経つとともに広がり、共産党に対する期待はますます高まっています。
躍進をもたらした原因は複雑ですが、ネットの活用が重要な役目を果たしたことは、衆目の一致するところだと思います。
私たちは、その効果に早くから着目し、今年の元旦、憲法九条に因んで、有志九名で、「日本共産党応援ネット勝手連(通称紫陽花クラブ)」を立ち上げ、旺盛な活動を展開し、参議院選投票日(2013年7月21日)には、全国のみならず海外にまでもアクセスを行い、大きな成果をあげました。
更に、今回の成果に満足せず、早期の民主連合政府実現にむけて次の大きな一歩を踏み出そうとしています。
つきましては、今後、各都道府県委員会委員長、衆参国会議員及び同候補、都道府県会議員の皆さにも、ゲスト会員として不定期発行の紫陽花通信をお届けいたしますので、ご了承下さい。
ご迷惑な場合はお手数ながらご一報いただければ、即送信を中止いたします。
なお、下記の通り、北関東支部第1回オフ会を開催いたします。
第三の躍進の波を、北関東から本格化するため、ぜひ多数ご参加くださいますようお誘いいたします。参加希望者は、10日(火)までに、「潤」宛ご一報ください。
② 日時9月15日(日)12時―14時
③ 場所、さいたま市大宮区・大宮南銀座通り「あじたろう」(JR他・大宮駅東口徒歩3分)
④ 会費 3、000円

琵琶玲玖 URL 2013/09/03(Tue)16:31:30 編集

本格的躍進へ

これからが正念場ですね!

マサツグ 2013/09/03(Tue)21:42:49 編集

ページの先頭へ▲

  • プロフィール
  • まさつぐのお約束
  • チラシ・宣伝物

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 29 30 31

カウンター

アクセス解析