雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記

福島原発事故の収束を、脱原発へ、被災地復興は住民主体で、構造改革の押付けは許されない。政治のベクトルは常に「人間を幸福にする」ために…その想いで見て聞いて語っての走り書き

前のページ<<13261325132413231322|1321|13201319131813171316次のページ>>

12月埼玉県議会が閉会、3会派は共同で議長へ申し入れ

2016.12.23 15:19:37


左から、宮崎議長、民進・田並県議、県民・鈴木県議、共産・村岡

12月22日、県議会が閉会しました。予算特別委員会の設置では自民党の横暴が際立ちました。民進、県民、共産の3会派は、議会改革を求め宮崎議長へ申し入れを行いました。尚、定例会全体についての声明を団長談話として発表しました。

記者発表

 

                                                                                              20161222 
                                                                       
日本共産党埼玉県議会議員団

                   団長 柳下礼子

 

              12月定例会を振り返って

 

一、下水道市町村負担金の引き上げは認められない。

本日、12月定例会は知事提出議案33件、議員提出議案12件を可決・承認・同意して閉会しました。党県議団は、平成27年度埼玉県一般会計及び特別会計決算認定をはじめとする、8件の知事提出議案、3件の議員提出議案について、反対しました。

今定例会では、下水道料金の引き上げにつながりうる、市町村負担金の引き上げが行われました。関係する自治体は荒川左岸南部のさいたま市、川口市、上尾市、蕨市及び戸田市、中川流域のさいたま市、川口市、春日部市、草加市 越谷市 八潮市、三郷市、蓮田市、幸手市、吉川市、白岡市、伊奈町、宮代町、杉戸町および松伏町、古利根川流域の加須市、久喜市、利根川右岸流域の本庄市、美里町、神川町です。新たな負担増であると同時に、収支均衡の観点だけで、運営費の上昇をそのまま関係市町に負担させるのでは、流域間の格差解消・全県統一の単価の実現をさらに遠ざけると主張しました。

 

二、マイナンバー実施に31千万円、27年度決算に反対

平成27年度埼玉県一般会計及び特別会計決算の認定と、公営企業会計決算の認定については閉会中に特別委員会で審査が行われてきました。党県議団からは金子正江県議が委員として参加しました。党県議団は、マイナンバー制度実施のために31千万円が支出されたこと、重度心身障害者医療費助成制度について、新たに65歳以上で重い障害者となった人を対象から外したこと、八ッ場ダムへの21億円の支出、患者の反対を押し切って移転が行われた埼玉県立小児医療センターの建設移転費用138億円などから認定しませんでした。

 

三、予算特別委員会、少数会派の質疑時間を大幅に削減

予算特別委員会について、本日の議会運営委員会で、公明・県民会議・共産・改革の部局別審査持ち時間が大幅に短縮されました(自公の賛成で可決)。予算特別委員会では20152月までは、知事への質疑を中心とする総括質疑としめくくり総括質疑が行われていましたが、2016年の2月定例会から、総括質疑1回と大幅に切縮められ、一方で知事答弁が認められない部局別審査が始まりました。今回は、この部局別審査の各会派割り当て時間について、全ての会派に10分割り当てた上に、人数に応じて時間を配分するやり方を変更し、人数按分のみで割り当て時間を配分します。自民党の割り当て時間は274分増加する一方、県民・公明が52分、共産78分、改革92分短縮となり、少数会派ほど質問時間が削られます。

この問題と合わせて、民進・無所属・県民・共産党の3会派が合同で、閉会後議長に対し議会改革特別委員会設置の申し入れを行いました。

予算特別委員会の20172月定例会での審査には、金子正江県議、前原かづえ県議が参加します。

 

四、台風9号などの豪雨被害についてなど柳下県議一般質問

129日、柳下礼子県議が本会議一般質問を行いました。台風9号などの豪雨被害について、地盤崩壊によって志木市で1軒、飯能市13軒が未だに避難を余儀なくされています。柳下県議はこれらの避難者の数を明らかにしたうえで、県と市で創設した被災者安心支援制度(住宅倒壊に300万円など)を適用するよう求めました。知事は「住宅の敷地に被害が生じやむをえない事由により住宅を解体した世帯も対象」だとしてこの案件も協議の対象だと答えました。このほか、障害者入所施設建設、性的マイノリティの人権保障、高等学校給付制奨学金創設、中山間地農業支援などを取り上げました。

 

五、請願項目が同じと、請願の趣旨説明認めず

県民から提出された「ゆきとどいた教育をすすめるための請願」の委員会審査の際に、請願代表者が趣旨説明を申し出たにも関わらず、文教委員長は、請願事項が昨年と同じだという理由で、趣旨説明を認めませんでした。前原かづえ県議は、今年度新たに富山、秋田、島根、鹿児島県が少人数学級を前に進めたと指摘し、7万人を超えた署名に応えて請願を採択するべきだと発言しました。(共産以外の党によって不採択)総務県民委員会で審査された「教育負担の公私格差をなくし、子どもたちにゆきとどいた教育を求める私学助成についての請願についても同様でした。

今定例会中にも、埼玉県の最上位計画である埼玉県5か年計画の審査が行われ、引き続き閉会中審査が行われます。党県議団からは秋山文和県議が委員として参加しています。

 

以上

 






テーマ:地方自治体/ コメント(5)/

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

民主主義及び地方自治について

公共団体議員 各位
外 関係各位

   民主主義及び地方自治について
 標記について,下記の実例を参考送付します。
 沖縄県及び埼玉県の問題は,全国共通の重要課題です。
 今後の参考にされると幸いです。




※※参考


                       2016 年 12 月 27 日
埼玉県知事 殿
                        高 橋   努

   民主主義及び地方自治について
   (不屈の精神=承認取消しの取消しの取消しへの第一歩)
 沖縄県知事は,あくまで沖縄県全般へのバッシング及び完全KOを回避するため,取り敢えず今回はタップアウトを選んだだけであって,工事変更申請及び粉砕許可更新の拒絶等,残りの知事権限を以て第二ラウンドを画策しているとのこと。
 あらゆる法令,例規及び施策を行使して,是が非でも基地工事を阻止する猛烈なる闘志及び意欲すら見せ付けている。
 目標貫徹へ向けた強靭なる精神力は尊敬に値する。
 翁長知事は,沖縄県民の甚大なる期待を背負っている。
 一方,己で作った4選禁忌条例さえも順守できぬ脆弱なる精神のナチス=コバトン帝國総帥上田ヒトラーは,見るに堪えぬ。
 埼玉県知事には,<<一般の>>埼玉県民の誰もが期待などしていない。呆れ返っている。投票率の低さがその証左である。
 嗚呼,無情。

高橋 努 2016/12/27(Tue)12:52:00 編集

埼玉県川越市長川合善明は,完全に悪質にしてクレイジーである。

 埼玉県川越市長川合善明は,完全に悪質にしてクレイジーである。
 先般の入札談合等関与行為に係る川越市民等の有志による刑事告発に対して,誹謗中傷による名誉棄損を理由に告訴カウンターをやらかしたのだ。
 公共の福祉に係る犯罪行為に対する告発に対して誹謗中傷を理由にした告訴カウンターを為すことは,不正告発を萎縮させること,その他の言論の自由及び人権の侵害であり,民主主義の敵である。
 そもそも,自身のお客様でもある地元住民=納税者様を呼び捨て告訴するなどアホである。
 まして,自身のブログ
http://yoshikawagoe.com/?p=692
において,当該告訴状の画像を掲載しているのだが,公人でも著名人でも無き一個人,それも善良な市民にしてお客様でもある地元民の住所及び氏名をウェブサイト上に,それも被告訴人と言う形での甚だ不名誉たる態様を以て晒すなど言語道断。
 直ちに,打倒・殲滅せねばならない。

高橋 努 2017/01/21(Sat)16:56:36 編集

川合善明打倒に小江戸の未来がかかっている!!

 川合善明打倒に小江戸の未来がかかっている!!

 本山修一先生が川越市長に当選されますように。
 当選されますように。当選されますように。

高橋 努 2017/01/21(Sat)18:14:18 編集

無題

                              2017 年 1 月 21 日
公共団体首長 各位
公共団体議員 各位
外 関係各位
                               高 橋   努

   民主主義の敵=埼玉県川越市長川合善明への報復について
 埼玉県川越市長川合善明の悪質加減について,看過できないので,これを下記のとおり刑事告発します。




      告    発    状

                  2017 年 1 月 ■ 日

東京地方検察庁 検事正 堺 徹 殿

      告 発 人       ■ ■  ■ ■
              ■■■■■■■■■■■■
              電話  ■■■■■■■■

      被告発人 埼玉県川越市長  川合 善明
           埼玉県川越市大字松郷1094番地5
                 電話 049-225-7769


   I.告発の趣旨
1.本件被告発人川合は,刑法第222条(脅迫罪)に抵触する者と思料される。

2.犯情極悪につき,厳罰に処されたく,ここに告発する。


   II.告発事実
1.本件被告発人川合は,自身の入札談合等関与行為を刑事告発した川越市民等の有志に対し,当該告発を名誉棄損などとする支離滅裂な報復としての告訴状を発出し,これの画像をインターネット上に登載し,公人でも著名人でも無き一個人たる当該市民等の個人情報を甚だ不名誉な被告訴人と言う態様を以て全世界の不特定多数へ晒し,不正告発等の言論の自由を蹂躪した。


   III.告発に至る経緯
1.予てより,株式会社カナイ消防機材と川越市長である本件被告発人川合との癒着,不正な入札及び契約並びに入札参加資格者名簿への不正な登載が指摘され続けてきた。とうとう,「入札談合等関与行為の排除及び防止並びに職員による入札等の公正を害すべき行為の処罰に関する法律」及び「都市計画法」の違反で,市民団体その他の川越市民等の有志によって本件被告発人川合が既に2016年10月14日付でさいたま地方検察庁に刑事告発された。

2.これに対し,本件被告発人川合が1.の告発を名誉棄損や誹謗中傷などと称し,1.の告発人を逆に告訴する文書を発出し,これの画像をインターネット上のウェブサイトに登載し,被告訴人と言う極めて不名誉な態様を以て著名人でも無い一般の住民である川越市民の個人情報を広く一般に晒した。

3.これは,不正告発と言う公共の福祉に資する行為を萎縮させるものであり,言論の自由及び人権を蹂躪する行為であり,全体の奉仕者たるに相応しく無き非行であり,不正告発に対する著しく不当な報復行為たる脅迫罪である。

4.よって,貴職より厳罰に処していただきたく,ここに告発した次第である。


   IV.証  拠
1.インターネット上のウェブサイト(http://yoshikawagoe.com/?p=692)
「埼玉県川越市長川合よしあき公式サイト」(抜粋) A列4番 1枚
                         以 上

高橋 努 2017/01/26(Thu)21:40:25 編集

民主主義の敵=上田ヒトラーをも超越する極悪人=埼玉県川越市長川合善明をもっともっと多くの方々に知って頂きたいと思います。

公共団体議員 各位
外 関係各位


   民主主義の敵=上田ヒトラーをも超越する極悪人=埼玉県川越市長川合善明をもっともっと多くの方々に

 埼玉県川越市長川合善明は,如何にも優しそうな容姿とは裏腹に極悪人である。
 この事実を多くの同業他社様に知っていただきたい,数多の方々へ拡散いたしたく思い,下記の如く地方公共団体議会へ陳情し,これが続々受理されております。
 己の不正追及を為す有志にして納税者様を逆に犯罪者呼ばわりし,一般市民の住所及び氏名を犯罪者としてウェブサイトへ登載し,全世界へ晒し者にすることが,どれだけ非人道的な行為か。
 これを多くの公人及び傍聴者に知っていただきたいと切望しておるのです。
 いけなことに,自由に堂々と<否>を突き付けられる世の中になっていただきたいと真剣に思っております。




                  平成 29 年 1 月 27 日
■■ ■■ 様
                    ■■■議会議会局
                    議事部議案法制課

 先日,送付くださった陳情2件につきまして,■■■議会において受理しましたので,受理票を送付させていただきました。
 なお,受理票における受理番号と陳情件名は,以下のとおりとなっていますので,ご確認ください。
 よろしくお願いいたします。
            記
1.29陳情第18号 言論の自由等を蹂躪する冷淡な埼玉県川越市長への抗議決議を求める陳情

2.29陳情第19号 不正告発を脅迫する埼玉県川越市長への抗議決議を求める陳情
                        以 上




不正告発を脅迫する埼玉県川越市長への抗議決議を求める陳情


(陳情事項)
 埼玉県川越市長川合善明に対し,下記の如く抗議決議をお願いします。
            記
                       2017年  月  日
  埼玉県川越市長 川合 善明 殿
                  ■■■議会議長 川井 ■■お

   埼玉県川越市長の公人等の自覚の欠乏を抗議する決議(案)
 標記について,あなたの暴走を看過できず,市外・県外の者ながらも同業者として敢えて言わせていただく。
 予てより,株式会社カナイ消防機材とあなたとの癒着,不正な入札及び契約並びに入札参加資格者名簿への不正な登載が指摘され続け,とうとう「入札談合等関与行為の排除及び防止並びに職員による入札等の公正を害すべき行為の処罰に関する法律」及び「都市計画法」の違反で,市民団体その他の川越市民等の有志によってあなたは,2016年10月14日付でさいたま地方検察庁に刑事告発された。
 あなたは当該告発を名誉棄損などと称し,当該告発人を逆に告訴する文書を2017年1月14日に発出し,これの画像をインターネット上のウェブサイト(http://yoshikawagoe.com/?p=692)に登載し続け,被告訴人と言う極めて不名誉な態様を以て公人でも著名人でも無い一般の川越市民の個人情報を広く一般に晒している。
 これは,不正告発と言う公共の福祉に資する行為を萎縮させるものであり,言論の自由及び人権を蹂躪する行為であり,全体の奉仕者たるに相応しく無き非行であり,不正告発に対する著しく不当な報復行為であり,刑法第222条に抵触する脅迫罪である。
 これに強く抗議するとともに,下記事項を要求する。
             記
1.当該告訴状の画像のインターネット上への登載を直ちに止めること。

2.入札談合等関与行為の疑義に対し,説明責任を果たすこと。

3.公人及び全体の奉仕者の自覚を持ち,自身の支持者か否かを問わず遍く市民のために善処すること。
                        以上,決議する。


(陳情理由)
1.陳情事項の決議案のとおり,予てより埼玉県川越市長川合善明は,官製談合等の説明責任も果たさず,不支持者を残酷に切り捨てる攻撃性を持つ。

2.これは,自身の嘗ての選挙支持者及び川越市行政職など諸々に対しても同様であり,川合のために尽くし,諫言を為す元支持者を冷淡に切り捨てる。

3.さらに動物でも同様に,相当程度の猫好き振りをアピールしつつも,成猫より子猫が可愛い,成猫はもう要らないなどと,自身の所属する弁護士会の会報コラム欄にて成猫の貰い手を募集し,相当に冷淡なダブルバインド癖の持ち主である。このような者がいるから,わが国では動物殺処分が消えないのだ。

4.挙句,談合疑義への告発に対して名誉棄損を理由に告訴カウンターを為す。

5.不正告発及び自浄作用の整備拡充のためにも,外部からの厳しい指摘が必須である。


(陳情者)  住 所  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
       氏 名  ■■■■■■■■   電話■■■■■■

2017 年 1 月 26 日
  ■■■議会議長 川井 ■■お 殿




言論の自由等を蹂躪する冷淡な埼玉県川越市長への抗議決議を求める陳情


(陳情事項)
 埼玉県川越市長川合善明に対し,下記の如く抗議決議をお願いします。
              記
                       2017年  月  日
  埼玉県川越市長 川合 善明 殿
                  ■■■議会議長 川井 ■■お

   言論の自由等を蹂躪する冷淡な埼玉県川越市長への抗議する決議(案)
 標記について,あなたの暴走を看過できず,市外・県外の者ながらも同業者として敢えて言わせていただく。
 予てよりあなたは,自身の支持者以外への強烈なる攻撃性が指摘されている。
 嘗ての支持者も例外なく,あなたに諫言を為せば,即切り捨て御免。
 大の猫好きをアピールしつつも,成猫よりも子猫の方が可愛い,成猫は要らないから誰か貰ってくれ,などと自身が所属する弁護士会会報コラム欄にて貰い手を募集したりと,何かと冷淡かつ他人様及び動物と言った生命ある者すら使い捨ての消耗品の如く扱う。
 さらに,あなたにとって大切なはずの納税者様たる一般の川越市民に対しても,自身の入札談合等関与行為を告発した事への逆恨みとして名誉棄損と称した告訴カウンターを浴びせ,さらに告訴状を個人情報を隠さずにインターネット上に晒すなど,あなたは自身の支持者以外に対しては,相手を選ばす残酷な仕打ちを為す。
 あなたの言動は,自身の支持者以外には奉仕しない,一部の奉仕であり,全体の奉仕者たるに相応しく無き非行と規定される。
 これに強く抗議するとともに,下記事項を要求する。
                記
1.あなたを罵倒,糾弾若しくは批判し,又は諫言を為す方も含め,全体の奉仕者として遍く市民に思いやりをもって接し,等しく奉仕すること。

2.動物殺処分の問題を今一度熟慮し,遍く動物をも大切にすること。

3.自身を批判する一般の市民をインターネット上に限らず,あらゆるメディアにおいて晒すことのないよう注意すること。

4.ダブルバインド癖,その他の冷酷さ及び攻撃性を矯正すること。
                        以上,決議する。


(陳情理由)
1.陳情事項の決議案のとおり,予てより埼玉県川越市長川合善明は,不支持者を残酷に切り捨てる攻撃性を持つ。

2.これは,自身の嘗ての選挙支持者及び川越市行政職など諸々に対しても同様であり,川合のために尽くし,諫言を為す元支持者を冷淡に切り捨てる。

3.さらに動物でも同様に,相当程度の猫好き振りをアピールしつつも,成猫より子猫が可愛い,成猫はもう要らないなどと,自身の所属する弁護士会の会報コラム欄にて成猫の貰い手を募集し,相当に冷淡なダブルバインド癖の持ち主である。このような者がいるから,わが国では動物殺処分が消えないのだ。

4.挙句,談合疑義への告発に対して名誉棄損を理由に告訴カウンターを為す。

5.不正告発及び自浄作用の整備拡充並びに中立公正・不偏不党な地方行政の実現のためにも,外部からの厳しい指摘が必須である。


(陳情者)  住 所  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
       氏 名  ■■■■■■■■   電話■■■■■■

2017 年 1 月 26 日
  ■■■議会議長 川井 ■■お 殿

高橋 努 2017/01/30(Mon)21:40:19 編集

ページの先頭へ▲

  • プロフィール
  • まさつぐのお約束
  • チラシ・宣伝物

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 29 30 31

カウンター

アクセス解析