雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記

福島原発事故の収束を、脱原発へ、被災地復興は住民主体で、構造改革の押付けは許されない。政治のベクトルは常に「人間を幸福にする」ために…その想いで見て聞いて語っての走り書き

前のページ<<13241323132213211320|1319|13181317131613151314次のページ>>

TPP採決強行に共産・民進で抗議宣伝(浦和駅)

2016.11.20 11:33:24


浦和駅で抗議宣伝する共産・民進党の県議。訴えるのは民進党浅野目県議

11日浦和駅、衆議院本会議での特別委員会に続くTPP法案の採決強行に抗議して宣伝を行いました。


民進党・無所属の会から、浅野目県議と菅克己県議、共産党から村岡と金子県議、前原県議が参加、リレートークを行いました。


TPP加盟12か国中、批准した国は一つもなく、中心国である当のアメリカではTPP反対を明確にするトランプ氏が次期大統領に決まったにもかかわらず、阿部首相は日本の批准に前のめりです。現実の国際情勢も見ず、何より、農業はじめあらゆる分野からの反対の声を顧みない暴走は許されません。


共産党・民進党らによる抗議行動は、特定秘密法強行や集団的自衛権行使容認決定の時も行ってきました。国政レベルとともに埼玉においても、共通の政治課題での野党共闘が始まっています。

テーマ:政治/ コメント(0)/

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ページの先頭へ▲

  • プロフィール
  • まさつぐのお約束
  • チラシ・宣伝物

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カウンター

アクセス解析