雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記

福島原発事故の収束を、脱原発へ、被災地復興は住民主体で、構造改革の押付けは許されない。政治のベクトルは常に「人間を幸福にする」ために…その想いで見て聞いて語っての走り書き

前のページ<<551550549548547|546|545544543542541次のページ>>

埼玉県政を語るチャンス!

2011.07.11 08:10:25

 県議会も終わり、各地で、市議さんとの市政・県政報告会が開かれています。


板橋市議さんとの戸塚・安行の報告会では、「村岡さんは4年間で何をやりたいとお考えですか?」と、ありがたいご質問もいただきました。





 松本市議さんとの報告会では、原発問題への関心が非常に高く、活発な議論のつどいとなり時間が足りないくらいでした。





 10日の年金者組合の大会でもご挨拶させていただきましたが、今県議会での、被災者支援の課題、関係する補正予算、さらに、教科書検定への圧力質問の相次いだことなど。


 また、私自身の感じた県議会の権威主義的体質や非民主的運営など、率直にご報告しました。





 「県議を誕生させ、県政報告を聞けるのが嬉しい」、との皆さんから感想に、初めての県議会で少々疲れていましたが、元気をもらいました。(-^□^-)




雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記


川口年金者組合第23回大会



雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記


松本地域のつどい

テーマ:政治/ コメント(0)/ トラックバック(0)

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

ページの先頭へ▲

  • プロフィール
  • まさつぐのお約束
  • チラシ・宣伝物

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カウンター

アクセス解析