雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記

福島原発事故の収束を、脱原発へ、被災地復興は住民主体で、構造改革の押付けは許されない。政治のベクトルは常に「人間を幸福にする」ために…その想いで見て聞いて語っての走り書き

前のページ<<548547546545544|543|542541540539538次のページ>>

肢体不自由特別支援学校及び通所施設の早期設置を求め草加市議団が来庁

2011.07.08 00:05:19

 午前9時より、塩川鉄也衆議員とともに、「民間賃貸住宅借り上げ問題」


県住宅課と懇談。制度実施前まで遡及して適用できるか、福島県はやるらしいが、


厚労省との間では求償の結論は明確でないようでした。(課題の一つです)





 午前10時、草加市議団の皆さんが来庁されました。草加市議会では埼玉県に対して「肢体不自由特別支援学校及び通所施設の早期設置を求める意見書」が全会一致で可決、送付されていますが、今日は直接、県の考えや取組み状況を聞きに見えました。同席しながら、市議団の皆さんの「何とかしなければ!」その強い思いが伝わりました。一緒にがんばります!





 午後一番で、教科書検定問題にかかわり、憲法に基づき、現場の意見を尊重するよう、教育委員会へ申し入れを行いました。





 議会改革にかかわっては新たな動向も…。


明日は6月議会の最終日、終日、討論内容について論議しました。私も明日は、初めて登壇し反対討論に立つ予定です。




雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記


草加市議団のみなさんと



雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記


教科書問題で申し入れ


テーマ:社会保障/ コメント(0)/ トラックバック(0)

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

ページの先頭へ▲

  • プロフィール
  • まさつぐのお約束
  • チラシ・宣伝物

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カウンター

アクセス解析