雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記

福島原発事故の収束を、脱原発へ、被災地復興は住民主体で、構造改革の押付けは許されない。政治のベクトルは常に「人間を幸福にする」ために…その想いで見て聞いて語っての走り書き

前のページ<<557556555554553|552|551550549548547次のページ>>

猛暑に負けず各地で市政県政報告会が開催

2011.07.17 16:15:26

 昨日今日と、矢野ゆき子市議さんと市政県政報告会が続きます。


いずれも開催時刻は、暑い盛りの午後一番です。焼けるような猛暑にもかかわらずお集まりいただいた皆さんに感謝感激です。





昨日は川口東口後援会主催で、今日は党西並支部主催の報告会でしたが、どこでも、放射能問題や災害対策などを共通して質問されます。





 また、この大震災の中での学校給食についての質問も共通です。鳩ヶ谷市では牛乳が出たのに川口では1ヶ月ジュースだった。「どうして?」


自校方式と分離発注、センター方式と一括発注の違いがハッキリ出たようです。




雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記




  報告に立つ新人の矢野ゆき子市議




テーマ:政治/ コメント(2)/ トラックバック(0)

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

1 ■暑さに負けず
先週は週の真ん中から出張でしたが、募金に会議での議論に暑くなりました。そして、往復の飛行機も無事で安心しました。さて選挙に突入となりましたが、生活と雇用・震災・原発が大きな焦点になっています。埼玉県政は再開発よりも生活・雇用・防災をまっ先にする体制整備に期待を寄せましょう! そして、全ての雇用に正社員をと叫びます。救急車の搬送は地元の病院が原則で速やかな搬送が当たり前です。正当な理由なき受け入れ拒否はとんでもない事ではないでしょうか? ましては、川口や鳩ヶ谷・さいたまの救急車が都内まで搬送が当たり前ではなりません。川口の医療センターなどに責任を果たさなければと感じています。そして、公営住宅の増設は埼玉県も必要です。是非実現にも期待を寄せましょう! そして、お互いに熱中症に気をつけて行きましょう。</p>

土屋 2011/07/17(Sun)22:36:53 編集

無題

2 ■Re:暑さに負けず
>土屋さん<br />なでしこに元気をもらいましたね<br /></p>
http://ameblo.jp/masatsugu-muraoka/

マサツグ 2011/07/18(Mon)12:55:12 編集

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

ページの先頭へ▲

  • プロフィール
  • まさつぐのお約束
  • チラシ・宣伝物

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カウンター

アクセス解析