雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記

福島原発事故の収束を、脱原発へ、被災地復興は住民主体で、構造改革の押付けは許されない。政治のベクトルは常に「人間を幸福にする」ために…その想いで見て聞いて語っての走り書き

前のページ<<564563562558557|556|555554553552551次のページ>>

児玉町であったかに、塙保己一像にも会いました

2011.07.22 22:35:48

 午前は知事選の政策カーです。朝7時に家を出て武蔵野線、東上線、八高線と乗り継ぎ児玉駅へ、本庄市児玉総合支所へ9時30分に着きました。政策カー到着まで時間があったので児玉支所で一休み。





 男性のご老人が入ってきました。「おじいちゃん、元気だった」と、やさしく声をかける女性職員。「近くまで来ないと顔も分からなくなってしまったよ」と、その職員を思い出して答える老人。必要な書類を受け取った老人を外まで付き添う女性職員、お嫁さんとおぼしき方の運転する車が寄ってくると、ドアーを開け老人を乗せてあげる。運転席のお嫁さんから「ありがとう!」の声。走り出すまで見送る職員さん。





 その始終がとても自然で日常の風景のよう。市役所でこんな応対が当たり前のようになされている。顔が見え繋がっている。人を思うこころがありました。


 

 支所の玄関脇には塙保己一のブロンズ像があります。江戸時代の国学者、盲官の最高位・総検校。児玉町の生まれだそうです。眺めていると宣伝カーの声が近づいてきました。「くらし応援の県政を!…」 




雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記


   塙保己一像(児玉支所)





 夜は、戸田市で岡崎郁子市議と「県政と市政を語る会」。いろいろな質問がでて有意義なつどいでした。明日は一日中、地元川口でがんばります。

テーマ:選挙/ コメント(0)/ トラックバック(0)

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

ページの先頭へ▲

  • プロフィール
  • まさつぐのお約束
  • チラシ・宣伝物

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 29 30 31

カウンター

アクセス解析