雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記

福島原発事故の収束を、脱原発へ、被災地復興は住民主体で、構造改革の押付けは許されない。政治のベクトルは常に「人間を幸福にする」ために…その想いで見て聞いて語っての走り書き

前のページ<<666665664663662|661|660659658657656次のページ>>

今年も感動ありがとう!箱根駅伝とすべての皆さんへ

2012.01.03 17:59:34


ゴールの読売新聞旧本社 裏側から見る

目標をもつ、諦めない、仲間を信じる・・・今年も勇気と元気をもらった大学箱根駅伝。私はゴール手前の大手町交差点で応援してきました。母校の東洋大は完璧な総合優勝、見事でした。すべての大学・選手の皆さん感動をありがとう。関係者・ご家族の皆さん、お疲れさまでした。

テレビ観戦もいいが、やっぱりスポーツは生が一番です。数時間も前から選手の到着を待ちうける観客の熱気も最高です。

東洋大の柏原君や酒井俊幸監督は福島県出身です。その酒井監督は大会前、ある雑誌でこう語っていました

「こうして生かされた者として、陸上競技ができることに感謝しなければならない。電気があること、水があること、暮らす家があること、仲間がいること。以前は当たりまえだった日常生活を含めてです。一つの勝利も、日々の小さな努力や、支えてくれる人たちの無数の思いが集まって、はじめて手にできるもの・・・」
 と、謙虚です。
今年も後輩たちに教えられた箱根駅伝でした。

テーマ:息抜き/ コメント(0)/ トラックバック(0)

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

ページの先頭へ▲

  • プロフィール
  • まさつぐのお約束
  • チラシ・宣伝物

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カウンター

アクセス解析