雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記

福島原発事故の収束を、脱原発へ、被災地復興は住民主体で、構造改革の押付けは許されない。政治のベクトルは常に「人間を幸福にする」ために…その想いで見て聞いて語っての走り書き

前のページ<<821820819818817|816|815814813812811次のページ>>

全国学童保育研究集会in埼玉がスーパーアリーナで開催

2012.10.07 11:35:15


写真

(写真)全国学童保育研究集会でスポーツの応援風に手拍子と「ありがとう学童保育」コールをする参加者 (しんぶん赤旗)

 
第47回全国学童保育研究集会
がさいたまスーパーアリーナで
開会されました。
6,7日の2日間の日程で、全国から
保護者・指導員など約5700人が
参加しました。

大会会場となったコミュニティアリーナは全国から集まった参加者で熱気に溢れ、こどもたちも大勢参加して明るく楽しい元気のでる大会と感じました。

式典では埼玉県学童保育連絡協議会の薄井俊二会長が歓迎のあいさつをし、来賓として塩川埼玉県副知事、清水さいたま市長らがあいさつしました。

埼玉県選出の国会議員や県会議員も参加、共産党から塩川鉄也衆議員と私、村岡県議が紹介されました。

民主党・無所属の会からは浅野目県議、公明党から蒲生県議、社会民主党から佐藤県議が参加し紹介されました。

「ありがとう!あってよかった学童保育」を集会のテーマに、埼玉開催は18年振りとのことです。7日は会場を獨協大学に移して30の分科会が開かれる予定です。

テーマ:子どもと青少年/ コメント(0)/

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ページの先頭へ▲

  • プロフィール
  • まさつぐのお約束
  • チラシ・宣伝物

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カウンター

アクセス解析