雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記

福島原発事故の収束を、脱原発へ、被災地復興は住民主体で、構造改革の押付けは許されない。政治のベクトルは常に「人間を幸福にする」ために…その想いで見て聞いて語っての走り書き

前のページ<<10081007100610031002|1001|1000999998997996次のページ>>

中越大地震から復興した山古志を訪ねる

2013.08.04 22:17:26


自治体学校2日目中越大地震から復興した山古志を訪ねました。竹島良子新潟県議からご説明いただき、地元の松井区長さんからもお話しをいただきました。松井さんからは皆さんへの感謝のことばがまずでます。松井さんは水没した集落の一人です。どんなにか辛かったことでしょう。にもかかわらず、辛さを宝物として感謝している。と言います。更に、戦争は人を殺すが、災害は人を助ける。深いことばです 家族同様の闘牛龍馬の前で語る松井区長が私たち一行を最後まで見送ってくれました。山古志にはすばらしいひとたちがおりました。人間としての在り方を教えていただいた現地分科会 でした。

テーマ:防災/ コメント(0)/

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ページの先頭へ▲

  • プロフィール
  • まさつぐのお約束
  • チラシ・宣伝物

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26
28 29 30 31

カウンター

アクセス解析