雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記

福島原発事故の収束を、脱原発へ、被災地復興は住民主体で、構造改革の押付けは許されない。政治のベクトルは常に「人間を幸福にする」ために…その想いで見て聞いて語っての走り書き

前のページ<<10951094109310921091|1090|10891088108710861085次のページ>>

「強行は許さないぞ!」 国会を包囲する声 声 声

2013.12.08 20:19:02


デモ出発箇所、後ろまで続く人並み(日比谷)

6日、浦和駅での3会派合同宣伝から日比谷野外音楽堂に駆け付けました。人、人、人であふれていました。15000人の参加です。国会周辺にも万を超す人々が集まっているとのこと。秘密保護法反対、廃案!の声は壮大な国民の戦いとなっていることを実感せずにおられません。

 

この国民の声が自民・公明の議員には聞こえないのか?それが怖くて強行を急ぐのか。7時30分にスタートしたデモは整然と行われ、その隊列は長く長く続きました。驚きは、デモの先頭に立ったのが弁護士の人たちでした。500名を超える弁護士の隊列です。かつてこんな光景は見たことがありません。僧侶たちの姿もあります。

 

国会前では「絶対反対」「秘密保護法 廃案」のコールとドラムが響きます。若い人たちが思い思いのプラカードを手にコールしています。この怒りは決して収まることはありません。

午後11時20分過ぎ、安倍自公政権は秘密保護法案を強行可決しました。歴史的暴挙です。この日、安倍自公政権は国民・世論を完全に敵に回したのです。

テーマ:政治/ コメント(0)/

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ページの先頭へ▲

  • プロフィール
  • まさつぐのお約束
  • チラシ・宣伝物

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カウンター

アクセス解析