雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記

福島原発事故の収束を、脱原発へ、被災地復興は住民主体で、構造改革の押付けは許されない。政治のベクトルは常に「人間を幸福にする」ために…その想いで見て聞いて語っての走り書き

前のページ<<13361335133413331332|1331|13301329132813271326次のページ>>

埼玉県も、「ヘリテージマネージャー」養成に本腰を!

2017.05.27 17:48:21

ヘリテージマネージャーとは何?

地域社会における歴史文化遺産のあり方を見据え、その保全と活用を推進するため研鑚をつみ、地域遺産の保全活用に貢献する活動を行うものを、ヘリテージマネージャーとよびます。

ヘリテージマネージャーは地域遺産の保全と活用に貢献するため、様々な活動を行います。

○地域の歴史文化遺産を保全・活用し、その地域のまちづくりの中で活かす方法を提案する

登録文化財に関する調査や申請のための手続きをお手伝いする

○ヘリテージマネージャーの育成や、継続的研修をサポートする

○ヘリテージマネージャーの活動情報を共有化し、地域に役立つ情報発信を積極的に行う 

 

ヘリテージマネージャーになるためには

ヘリテージマネージャーの資格取得には講習を受ける必要があります。国は養成講習会の実施に補助金制度(文化庁)をつくり後押ししています。名称は、文化芸術振興費補助金(文化遺産総合活用推進事業)のうち、地域文化遺産活性化事業です。補助金交付要綱の(交付の目的)第2条では、この補助金は、我が国の「たから」である地域の多様で豊かな文化遺産の活用を図ることにより、文化振興とともに地域活性化に資することを目的とする。また、文化遺産総合活用推進事業国庫補助要項では、補助金の額は予算の範囲内において定額とする。と定めています。
 

全国における講習会と文化庁補助金の活用状況は

全国ヘリテージマネージャー協議会運営委員会は、実施主体と財源に関するアンケート(201610月集計)を公表しています。それによれば、ヘリテージマネージャー養成講習会を実施しているのは37道府県(この時点では埼玉は無し)、その内、文化庁の補助金を活用しているのが20府県で、県費を導入しているのが群馬県、神奈川県、兵庫県、徳島県、京都市。その他、茨城県や栃木県、新潟県などは受講料によって運営しています。

 

埼玉県のヘリテージマネージャーは、なぜ、文化庁補助金を活用しない?

埼玉県では平成28年度より、一般社団法人埼玉建築士会の主催で(埼玉県は後援のみ)ヘリテージマネージャー養成講習会(第1期)が開始されました。期間は平成281120日~平成29617日、延べ13日計67時間の講習です。講習会運営の財源は、受講者の受講料と事業団体の負担で、受講料は建築士会会員や行政職員で3万円、一般が35千円です。

お隣の群馬県では平成29年度は、補助事業者の群馬歴史文化遺産発掘・活用・発信実行委員会より、文化芸術振興費補助金の交付申請が提出され、群馬県教育委員会が文化庁に対して補助申請を行っています。

大阪府は平成25年度から文化庁補助金を活用、その大阪府に聞きました。毎年、文化庁から募集要項(添付のPDF参照)が出されるので、補助事業者(例えば建築士会)が交付要望書を作成して府に提出。それに沿った形で、府が実施計画書を作成する。計画書では、当該自治体の文化振興や文化財の保全・活用などの計画などを達成するために、ヘリテージマネージャーの養成が役立つとの事業実施の意義とそのための数量的な目標(ヘリテージマネージャーの養成人数)、その実現方法(建築士会の養成講座)などを記入ればよく、それほど難しい書類ではない。文化庁もヘリテージマネージャーが文化財の保全や活用による地域の活性化に有用だとの認識はあるので、埼玉県が実施計画書をつくって申請すれば採択されるはずではないかとのアドバイスでした。

 

ヘリテージマネージャーの養成で、埼玉の地域遺産の保全と活用を促進する時です。求められるのは埼玉県の本気、県議会でも大いに論議を深めたいと思います。

 

 

 

 

  

テーマ:文化芸術/ コメント(4)/

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

コメント読んでますかー?

3月の記事にコメントした者です。
まだこのブログのタイトル訂正されてないですねー。「村岡まさつ」ってお名前なんですか?

匿名希望 2017/05/28(Sun)12:42:34 編集

訂正

ご指摘ありがとうございました。

マサツグ 2017/06/02(Fri)10:52:56 編集

今回の都議選で分かったこと

都議選の結果を分析したところ一つの事実が出てきました。

障がい者の声に耳を傾けた候補は全員当選しました。

障がい者の声を聴かなかった候補は一人残らず落選しました。

世の中科学の力では説明がつかないことって、あるのですね。

どんなに素晴らしい政策を掲げていても神様は見抜いていたのです。

市川本八幡 2017/07/04(Tue)22:06:11 編集

杉戸町長及び議員補欠選挙立候補者の質の悪さについて

※※ 下記参考




                 2017 年 7 月 7 日
杉戸・宮代合併をすすめる会
 宮代町議会議員 金子 正志 様
                  高 橋   努

   杉戸町長及び議員補欠選挙立候補者の質の悪さについて
 わたくしどもとて,杉戸町が宮代町さんと等しく大好きです。如何に隣の芝は青く見えても尚,宮代町政と等しく杉戸町政にも関心があります。
 それでこそ,杉戸町議会議員及び杉戸町長並びにその候補者の甚だふざけ切った態度に,猛烈な怒りを覚える故のオウンゴール=杉戸ヘイトコメントなのです。
 共産党(←党は大嫌い)の熱狂的な党員にして,長年のわたくしどもの知り合いの者(←この者は大好き)が,光化学スモッグ真只中の夕刻に汗水流して,わが家のチャイムを鳴らしたものの,同居人も多忙故に断り,ポストに杉戸町長選挙の共産党推薦候補のビラを投函しました。
 当初は,わたくしも同居人もわが多くの知り合いも,党も候補者自体も嫌いだけど,ビラ投函者に免じて入れても良いか,位の雰囲気にはなりましたが,当該候補のビラ配布者及び有権者を猛烈に舐め腐った態度に激昂して,嫌がらせのオウンゴール票として,そこそこ嫌いな現職に入れようと思っております。
 何故ならば,現職は,町民の照会には回答し,仮令,嘘でも芝居でも,障がい者への一定程度の配慮が認められる公約を掲げたのです。
 「障がい」表記もセットで。
 あるいは,わたくし本人は,無効票として杉戸の町長及び町議の両方に「金子 ただし」と書いて投函し,又は棄権でもして,未だ地元外待遇の南埼玉郡宮代町のビル屋上にて夕日を楽しみたいです。
 まして,杉戸町長ならぬ町議の補選立候補者など,論外です。
 俄かに湧いて来て,地元愛など現を抜かすなど言語道断です。
 地の果てを見た気分です。
 夕日を眺めた方が,遥かに気分が良いです。
 宮代杉戸市長候補者名簿に登載されている,「金子 ただし」先生と。




※※ 以下,参考です。

Subject: 杉戸町長選挙公報についてIII(照会)
Date: Fri, 07 Jul 2017 21:52:33 +0900
To: jcp-tkita@ia6.itkeeper.ne.jp, info@jcp-sai.jp, info@jcp.or.jp,
hensyukoe@jcp.or.jp

                  2017 年 7 月 7 日
杉戸町長候補 上田 さとし 様
                  高 橋   努

   杉戸町長選挙公報についてIII(照会)
 仮令,あなた本人ではなくとも,無視するくらいなら,最初からビラの投函はもとより,わざわざ夕刻にチャイムをならすことなどありません。
 もう,結構です。




Subject: 杉戸町長選挙公報についてII(照会)
Date: Thu, 06 Jul 2017 22:45:23 +0900
To: jcp-tkita@ia6.itkeeper.ne.jp, info@jcp-sai.jp, info@jcp.or.jp,
hensyukoe@jcp.or.jp

                  2017 年 7 月 6 日
杉戸町長候補 上田 さとし 様
                  高 橋   努

   杉戸町長選挙公報についてII(照会)
 決して候補本人ではなく,光化学スモッグ発令中に大汗をかいてご自身を危険に曝していらっしゃる,末端で実際に動いていらっしゃる活動家に対してこそ,有権者の期待を裏切ることは究極の無礼なのです。
 あの光化学スモッグ真最中の日曜日の夕方,渡■先生がわが家の郵便受けに,あなたのビラを投函された態様を見てしまったのです。
 不誠実な態度は,わたくし個人一人ではなく,数多の活動家を裏切ることになります。
 多くの仲間が敵以上のアンチ勢に化けます。
 そして,わたくし以外の遍く有権者も。
 ご検討下さい。




Subject: 杉戸町長選挙公報について(照会)
Date: Thu, 06 Jul 2017 22:31:36 +0900
To: jcp-tkita@ia6.itkeeper.ne.jp, info@jcp-sai.jp, info@jcp.or.jp,
hensyukoe@jcp.or.jp

                  2017 年 7 月 6 日
杉戸町長候補 上田 さとし 様
                  高 橋   努

   杉戸町長選挙公報について(照会)
 今回,三つ巴となり,決断に逡巡しております。
 あなたの公報において,障がい者への合理的配慮その他の人権推進が,一切謳われておりませんでした。
 これは,障がい者その他のマイノリティを有権者又は参政権者として度外視していることでしょうか。
 あなたの関心は,多数派健常者の票田たる高齢者だけでしょうか。
 これでは,極右政党■由■主党と同様です。
 少数派の意見を聴くのが,共産党唯一の長所ではないでしょうか。
 本件へのご回答並びに公報に欠落した障がい者への配慮の文言の演説及びビラ第二弾での補完を以て,最終的な判定材料とします。

高橋 努 2017/07/07(Fri)22:45:32 編集

ページの先頭へ▲

  • プロフィール
  • まさつぐのお約束
  • チラシ・宣伝物

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カウンター

アクセス解析