雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記

福島原発事故の収束を、脱原発へ、被災地復興は住民主体で、構造改革の押付けは許されない。政治のベクトルは常に「人間を幸福にする」ために…その想いで見て聞いて語っての走り書き

前のページ<<572571570569567|566|565564563562558次のページ>>

地震を起こすのは「マグマの活動」 スーパープリュームとは

2011.08.04 22:15:14


 先日、尊敬するKさんが留守中の議員控室へ寄って下さり、一冊の本を私に置いていって下さいました。
講談社新書の「地震の癖」、著者は、埼玉大学名誉教授の角田史雄氏です。角田教授のご専門は、構造地質学とのこと。

 「プレート説の予知はなぜ当たらないか」の帯見出しに興味をひかれました。先生は、地震を起こすのは、「マグマの活動」と言い、地球内部には「スーパープリューム」と呼ばれる高温の熱の通り道があって、この熱が岩盤を膨らませて破壊して地震を起こすと論じています。これまでのプレート衝突と沈み込みが地震の原因と信じていた私には驚きです。プレート・テクトニクス理論では四川大地震は説明できないとのことです。

 今まで当たり前と信じて疑わなかったことが、実は全く違っていた。・・・どこか最近、聞いたことのある言葉ですが、物事を全く別の角度から観るということの重要さは「原発」にも言えることだと、本を読み終えて実感しました。

 Kさんは、前衛8月号掲載の寒川 旭さんの論文、「揺れる大地の歴史を探る」も紹介しています。早速、昨夜から読み始めましたがこれも興味深い。就寝前に少しづつ読んでいるので時間はかかりますが、貴重な情報、Kさん、感謝です。

テーマ:フリー/ コメント(0)/ トラックバック(0)

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

ページの先頭へ▲

  • プロフィール
  • まさつぐのお約束
  • チラシ・宣伝物

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カウンター

アクセス解析