雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記

福島原発事故の収束を、脱原発へ、被災地復興は住民主体で、構造改革の押付けは許されない。政治のベクトルは常に「人間を幸福にする」ために…その想いで見て聞いて語っての走り書き

前のページ<<578577576575574|573|572571570569567次のページ>>

川崎市「地中熱利用空調システム」を見学

2011.08.14 17:14:41


こども文化センター前に設置されたシステム

一年を通じ温度差の少ない地中、夏は外気より冷たく、冬は暖かいという温度差を利用して冷暖房を行うのが
、「地中熱利用空調システム」です。川崎市が産学公民の連携事業としてJFE鋼管株式会社と共同研究、実用化へ踏み出したと聴いて先日実物を見てきました。暑い中を川崎市環境技術情報センターの職員さんが丁寧な説明をしてくださいました。

マンホールの中も見せてもらい、長さ30m直径165ミリの鋼管の中にチューブを通しその中に水を循環させて熱交換を行っています。きわめてシンプルなシステムです。川崎市の南河原こども文化センターを借り現在も実証実験を続けていますが、実験室である集会室へ入るとよく冷房がきいていて、少年たちが卓球で遊んでいました。

地中熱発電には条件的に難しくとも、地中熱利用ならどんな地域でも可能です。私自身もさらに学習し政策提案できればと思いました。センターの職員さんがアイスコーヒーを出して下さいました。お話しでは、最近とても視察見学者が増えたとのこと。自然エネルギーへの関心は益々高まってくるでしょう。それにしても川崎駅周辺の開発による大都市変貌には驚きました。

テーマ:エネルギー/ コメント(0)/ トラックバック(0)

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

ページの先頭へ▲

  • プロフィール
  • まさつぐのお約束
  • チラシ・宣伝物

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カウンター

アクセス解析