雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記

福島原発事故の収束を、脱原発へ、被災地復興は住民主体で、構造改革の押付けは許されない。政治のベクトルは常に「人間を幸福にする」ために…その想いで見て聞いて語っての走り書き

前のページ<<581580579578577|576|575574573572571次のページ>>

終戦66周年 原発ゼロ、核兵器廃絶を!

2011.08.15 20:07:17

あの3・11大地震のとき、テレビのニュースが、福島の原子力発電所で冷却水が低下してこのままでは燃料棒が溶けてしまう、と報道していた時、私は今まで経験したことのない得体の知れない恐れ、個人に対してでなく社会や人類への異質な危機が近づいている・・・まるでSF映画に描かれる「地球の危機」のようでもあり、しかし、はるかに現実であるがゆえに私の胸騒ぎは収めることはできなかったことを昨日のように思い出す。

津波による被害は時間を追うごとに甚大となった。放射能汚染の危機は未だ収まらない。今なお、死者○○人、行方不明○○人と報道される。戦争では何十万、何百万の命が奪われた。しかし、災害も戦争も犠牲はその数そのものではないはず、ひとり一人、一つ一つが、かけがえのない命であり、親が子が兄弟が家族がいて、友だちもいる、近所の人もいる、動物もいる、すべての命が繋がっている。

原発も戦争も人間の手によるもの、だから、人間の手によって止めることができる
。「原発ゼロ」「核兵器廃絶」その誓いを新たにした8月15日。やはり暑い。

テーマ:憲法・平和/ コメント(2)/ トラックバック(0)

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

平和を願って

終戦の日が過ぎ新たな平和への闘いとなりました。核兵器廃絶と原発廃絶に声を出しましょう! また、今年の9・11ニューヨーク同時多発テロから十年という節目を迎えます。アメリカ言いなりは日本を壊します。米軍は日本から直ちに出ていけと叫んでいます。特に神奈川県と沖縄県は基地の街ですが、治安は悪化しています。まだ戦争は終わっていません。突然の解雇や調査は全て戦争ですね。令状なし捜査と同じではないでしょうか? また、明日はさいたま市方面での業務ですので夕方には川口駅にお寄りできればと思います。

土屋 2011/08/18(Thu)20:46:29 編集

ありがとうございます

金曜日宣伝を気にかけていただきありがとうございます。(19日は私は行けませんでした)

マサツグ 2011/08/22(Mon)08:50:45 編集

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

ページの先頭へ▲

  • プロフィール
  • まさつぐのお約束
  • チラシ・宣伝物

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カウンター

アクセス解析