雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記

福島原発事故の収束を、脱原発へ、被災地復興は住民主体で、構造改革の押付けは許されない。政治のベクトルは常に「人間を幸福にする」ために…その想いで見て聞いて語っての走り書き

前のページ<<749748747746745|744|743742741740739次のページ>>

6月県議会開会迫る、今日、日程等が決まりました

2012.06.11 20:09:05


民間賃貸住宅借上げ制度に関して都市整備部長(手前)に申し入れる党県議団

今日の午前中に開かれた議会運営委員会において、6月定例会の日程等が決まりました。会期は6月18日開会、7月6日閉会、一般質問は6月22日から27日、今回の質問者は、自民9名、民主・無所属2名、公明2名、刷新の会2名の計15名で、今回、共産党の一般質問は残念ながらありません。

今日の当局の説明では、議案7件、報告32件の計39件が予定されています。条例案の中には、南埼玉郡白岡町の市制施行に伴う関係条例の改正、埼玉県学校設置条例の一部改正では、県立高等学校5校の統合及び名称変更の改正が提案されます。

現行の県立幸手商業高等学校と県立幸手高等学校は、新たに、
県立幸手桜高等学校に、県立吉川高等学校は、県立吉川美南高等学校へ、県立大井高等学校と県立福岡高等学校は、県立ふじみ野高等学校へと、それぞれ改称されます。関係者にとって母校の名前が消えるのは本当に寂しいことと思います。

午後は党県議団として、
東日本大震災被災者に対する民間賃貸住宅借上げ制度に関して、制度の柔軟な適用を求めるなどとした上田知事宛て申入れを、都市整備部長に提出、懇談を行いました。(詳細:党県議団HP)

テーマ:地方自治体/ コメント(0)/

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ページの先頭へ▲

  • プロフィール
  • まさつぐのお約束
  • チラシ・宣伝物

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カウンター

アクセス解析