雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記

福島原発事故の収束を、脱原発へ、被災地復興は住民主体で、構造改革の押付けは許されない。政治のベクトルは常に「人間を幸福にする」ために…その想いで見て聞いて語っての走り書き

前のページ<<951950949948947|946|945944943942941次のページ>>

国道254号福田交差点までの渋滞解消を県警へ要望する川島町のみなさん

2013.04.29 20:12:04


左:県警本部 へ要望書を渡す栗岩町議(中央)

24日、川島町のみなさんが栗岩輝治町議とともに来庁され、県警本部へ交通渋滞の解消対策を要望しました。村岡が同席いたしました。

路線は
国道254号線で川越市となる福田交差点から川島方面ですが、朝の上り車線の渋滞がひどく、周辺住民から解消対策として青信号の時間を延ばして欲しいとの声が上がっていました。

これまで地元の警察署へ何度も要望を行ったそうですが、当該交差点の信号調整については、県警のセンター管理となっていることが判明、地元の栗岩町議とともに県警本部への要望となったのでした。

みなさんは交通量と信号時間の実態調査をするなどのデーターを持参して信号調整を求めました。対応した担当者からは、これまでも要請が寄せられていたことから、4月8日から上りの青信号時間を10秒のばしましたとの回答でした。

参加者からは、確かに若干渋滞が減ったように感じた。との感想もだされ、今後も青・赤の1サイクル150秒の範囲の中で、さらに調整をしてもらいたいと要請。県警側からは、検証していきますとの前向きな回答でした。

県警側がすでに現地を調査し対策に着手していることに、住民のみなさんは信頼をもったようです。交通渋滞の解消に住民と行政が一緒に知恵を絞る場となり、気持ちのよい懇談でした。

テーマ:まちづくり/ コメント(0)/

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ページの先頭へ▲

  • プロフィール
  • まさつぐのお約束
  • チラシ・宣伝物

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カウンター

アクセス解析