雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記

福島原発事故の収束を、脱原発へ、被災地復興は住民主体で、構造改革の押付けは許されない。政治のベクトルは常に「人間を幸福にする」ために…その想いで見て聞いて語っての走り書き

前のページ<<997996995994993|992|991990989988987次のページ>>

自共対決!共産党はどの問題でも建設的対案を示しています。

2013.07.16 21:19:50


猛暑の中、川口駅デッキで訴える紙ともこ比例候補(13日)

参院選も終盤です。自共対決が鮮明になる中、民主党や第3極と言われるみんなの党などが、「共産党は反対ばかり・・」などと攻撃を始めました。共産党は批判すべきは批判しますが、どの問題でも抜本的対案を示しています。

景気回復の問題では、大企業の内部留保260兆円のわずか1%を使えば8割の大企業で月1万円の賃上げが可能であること。庶民への消費税増税でなく増税するなら富裕層に、自然エネルギーの推進を・・・などなど提案しています。

党県議団の例で言えば、先に閉会した6月県議会では、知事提出議案は15件、議員提案の議案が5件の計20件でした。
その内、職員の給与削減などの条例改正議案を含む3本は反対しました。他の17件は賛成しました。何でも反対の攻撃は全くの大うそです
それを言うなら、当局の提出議案に何でも100%賛成し、議会としてのチェック機能を果たさない党・会派こそ襟を正すべきです。

同時に、参院選で明確となったのは、スジを通す政党か・・ではないでしょうか。自民党と共産党の間で右往左往し、選挙後には同じ名前の党名で残っているかどうか危うい党に、国民の願いは託せません。日本共産党は名前を変えることなく今年で党創立91周年を迎えました。


19日には共産党以外のすべての政党 が再び政党助成金を受け取ります。総額79億4千万円を山分けするのです。官より民へなどと声高に叫ぶ政党がありますが、自身の党財政が国営丸抱えではスジが通りません。電力会社から献金を受け取っている政党もありますが、共産党は国民の浄財によって活動をしています。だから国民を裏切りることは絶対にないのです。

あと5日、参院選勝利へ私も頑張り抜きます。

テーマ:選挙/ コメント(0)/

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ページの先頭へ▲

  • プロフィール
  • まさつぐのお約束
  • チラシ・宣伝物

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 29 30 31

カウンター

アクセス解析