雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記

福島原発事故の収束を、脱原発へ、被災地復興は住民主体で、構造改革の押付けは許されない。政治のベクトルは常に「人間を幸福にする」ために…その想いで見て聞いて語っての走り書き

前のページ<<607606605604603|602|601600599598597次のページ>>

八ッ場ダムの検証は茶番劇・・・群馬でシンポ

2011.09.23 20:58:00

今日は新前橋まで往復でした。新前橋でシンポ「知ってますか?八ッ場ダムの真実」がありました。主催は、八ッ場あしたの会、八ッ場ダムを考える1都5県議会議員の会、八ッ場ダムをストップさせる市民連絡会です。

1都5県から多くの方々が参加、共産党、民主党、社民党、無所属らの地方議員も参加し、埼玉からは党県議団として参加しました。第一部「八ッ場ダムの検証は茶番劇」をテーマに、関良基拓殖大学准教授、嶋津暉之水問題研究家、まさのあつこジャーナリスト、第二部は、中川 鮮地域環境科学研究所代表、中山俊雄元東京都土木技術研究所主任研究員らが加わり、パネルデスカッションでした。

治水に効果のあったダムはかつて無く、利水、治水とも八ッ場ダムに効果のないことが明らかにされました。後半では、現地は地滑りの危険が大きく、代替地の安全性への懸念が指摘されました。13センチ水位を下げるために莫大な税金投入を続けるのか、河川改修・補強こそ急ぐべきか、答えはハッキリしました。

30日、私も県議会で取上げるつもりです。今日は都合で帰りましたが、明日は早朝に家を出て
八ッ場ダムの現地視察に合流する予定です。

テーマ:政治/ コメント(0)/ トラックバック(0)

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

ページの先頭へ▲

  • プロフィール
  • まさつぐのお約束
  • チラシ・宣伝物

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カウンター

アクセス解析