雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記

福島原発事故の収束を、脱原発へ、被災地復興は住民主体で、構造改革の押付けは許されない。政治のベクトルは常に「人間を幸福にする」ために…その想いで見て聞いて語っての走り書き

前のページ<<608607606605604|603|602601600599598次のページ>>

地滑りのデパート 八ッ場ダム現地を目の当たりに

2011.09.24 19:40:26

あちこちの山肌に崩落防止工事が 傷口に絆創膏を貼ったよう
正面の遠くの山が見えなくなる高さまでダムサイトがつくられる予定


国交省の説明に納得できないと言う地元の方


代替地へ移転した家を臨む 上も下も造成地 見ただけで恐ろしい光景

テーマ:政治/ コメント(0)/ トラックバック(0)

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

ページの先頭へ▲

  • プロフィール
  • まさつぐのお約束
  • チラシ・宣伝物

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カウンター

アクセス解析