雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記

福島原発事故の収束を、脱原発へ、被災地復興は住民主体で、構造改革の押付けは許されない。政治のベクトルは常に「人間を幸福にする」ために…その想いで見て聞いて語っての走り書き

前のページ<<615614613612611|610|609608607606605次のページ>>

大門実紀史参議員を迎え日本共産党演説会

2011.10.08 20:54:26

「原発に頼らない社会をつくり、子どもたちに明るい未来を」・・・と題した日本共産党演説会が、大門みきし参議員を迎えて鳩ヶ谷市で開かれました。
大門参議員の、難しい話しを分かり易くユーモアある話しはどこでも大評判で、今日も野田政権の本質を的確に指摘し、国政の核心をズバッと話されました。

また、子育て中の若いお母さんからも発言があり、深く考えさせられました。3日後に鳩ヶ谷市は川口市に吸収されますが、保育所が今後どうなるか、大変心配する発言でした。「先生の異動が心配です」「延長保育一回でも月15000円も追加負担になる」「子どもたちが散歩に出る時、安全確認はと聞いたら、出発前と帰ってきた時に全体写真をとって、全員揃っているか調べるから大丈夫と、子育て支援課に言われ、お母さんたちは唖然としました」など、合併による弊害が告発されました。

鳩ヶ谷市の良さが失われるの、だから、私たちの想いを託せる金子ゆきひろさんに頑張って欲しい、のエールでした。
川口増員選挙の予定候補者で、現鳩ヶ谷市議の
金子ゆきひろさんの熱い決意には、会場から割れんばかりの拍手でした。

選挙告示まであと3週間ですが、夜は、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭のオープニングセレモニーに参加してきました。一時、別の世界でした。

テーマ:共産党/ コメント(1)/ トラックバック(0)

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

明後日はお伺いいたします

今日はあいにく都合がつかずに伺えず残念です。明後日は午後から時間が空きますのでぜひ鳩ヶ谷にお伺いいたします。ダブル金子議員誕生を願っています。

土屋 2011/10/08(Sat)21:18:13 編集

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

ページの先頭へ▲

  • プロフィール
  • まさつぐのお約束
  • チラシ・宣伝物

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カウンター

アクセス解析