雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記

福島原発事故の収束を、脱原発へ、被災地復興は住民主体で、構造改革の押付けは許されない。政治のベクトルは常に「人間を幸福にする」ために…その想いで見て聞いて語っての走り書き

前のページ<<624623622621620|619|618617616615614次のページ>>

2012年度予算で上田知事へ要望 党県議団

2011.10.25 22:33:32




保護者と通学路の現地確認


県立小児医療センター視察 

今日は有意義な一日でした。朝は、芝西小の保護者のお母さんと通学路の放射能問題で現地の確認でした。今井はつえ市議が同行、通学路脇にはこどもの背丈ほどの草むらもあり、放射能汚染が心配です。今井市議と今後の対策を相談しました。

11時より、県議団として上田知事へ
2011年度予算要望を提出し、その際にも、ホットスポットの発掘と対策に、国、市の境を超え県としての努力を求めました。

午後は、岩槻にある
県立小児医療センターを視察。未熟児・新生児室を見させていただき担当医から現状を聞かせていただきました。あらためて不足している総合周産期母子医療センターの拡充を痛感すると同時に、当該地域における当センターの果たしている重要な役割も見えました。
一部建物の耐震化不足や建物周辺の地盤沈下のひどい問題などを含め、総合的な対策が求められます。いずれにしても「百聞は一見にしかず」でした。

テーマ:地方自治体/ コメント(2)/ トラックバック(0)

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ブログで失礼します

日中はご対応ありがとうございました。その後元請け会社の三和建装『本社東京都西東京市田無町1-12』に行きました。そして、専務と社長・監督から事情聴取を受けました。根掘り葉掘り聞かれましたが、真実を話しました。社長からはマスコミが入り各方面から避難を浴びたので今後も協力していただくとの事でしたが、当方の社長は全く対応しませんので、救援会と国選弁護士の手配は必要なのかも知れません。犯人探しに私が一番の対象者となりました。しかも、第一発見者でもありますのでつらい立場です。今後もありますので取り急ぎご連絡します。

土屋 2011/10/28(Fri)20:10:43 編集

救援会とのパイプを

万が一ということもあります。救援会とのパイプはつくっておいた方がよいと思います。
気持ちで負けないように。

マサツグ 2011/10/29(Sat)19:32:34 編集

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

ページの先頭へ▲

  • プロフィール
  • まさつぐのお約束
  • チラシ・宣伝物

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カウンター

アクセス解析