雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記

福島原発事故の収束を、脱原発へ、被災地復興は住民主体で、構造改革の押付けは許されない。政治のベクトルは常に「人間を幸福にする」ために…その想いで見て聞いて語っての走り書き

前のページ<<909908907906905|904|903902901900899次のページ>>

2月県議会が開会しました。会期は3月27日まで。

2013.02.23 23:27:53


歴史に学ばねば・・・

埼玉県議会は2月20日に開会しました。今議会は2013年度予算を決める重要な議会となります。私は予算特別委員会委員に選任されました。

知事より提案された一般会計予算案は総額1兆6757億円、特別会計と企業会計を合わせた予算総額は2兆4533億円です。

知事は「通商産業政策の地方分権化」を推進し
、「産業を興す」と言って海外進出の支援や企業誘致には熱心ですが、県内の中小企業を支える意気込みは伝わってきません。産業を興すことはその通りですが、地域を歩くと「景気は良くなっていない!」の声ばかり、実効ある地域経済の再生が必要です。

再生可能エネルギーの推進と合わせ仕事起こしと雇用確保を求め、提案型の質問を行っていくつもりです。

議案には患者家族が反対する県立小児医療センター移転の推進、八ッ場ダム予算の計上、県職員定数のさらなる削減、平和資料館への指定管理者導入など、懸案議案も。
会期は3月27日までですが、県民のくらし守る立場で奮闘してまいります。






 

テーマ:政治/ コメント(0)/

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ページの先頭へ▲

  • プロフィール
  • まさつぐのお約束
  • チラシ・宣伝物

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カウンター

アクセス解析