雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記

福島原発事故の収束を、脱原発へ、被災地復興は住民主体で、構造改革の押付けは許されない。政治のベクトルは常に「人間を幸福にする」ために…その想いで見て聞いて語っての走り書き

前のページ<<970969968967966|965|964963962961960次のページ>>

福岡市新西部水処理センターを視察①:県土都市整備委員会

2013.05.23 12:45:59


福岡市の担当職員さんより説明を聞きました。 

20日~22日の日程で、議会・県土都市整備委員会の視察が行われました。その概要を報告いたします。

初日の20日は、調査事項として「下水道分野における国際貢献の展開及び下水の高度処理について」です。建設中の福岡市新西部水処理センターを視察しました。

写真は完成した水処理センター建屋の屋上ですが、同施設の下水処理水は今津湾に流れ込むため、生態系への影響を減らすため、高度下水処理技術が駆使されるとのことです。

下水の放流先は2キロ上流の河川と聞き、その理由を質問したところ、7万立米の放流量となることから今津湾の干潟に影響を出さないためとの回答でした。
福岡市の職員のみなさんお世話になりました。



テーマ:まちづくり/ コメント(0)/

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ページの先頭へ▲

  • プロフィール
  • まさつぐのお約束
  • チラシ・宣伝物

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 29 30 31

カウンター

アクセス解析