雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記

福島原発事故の収束を、脱原発へ、被災地復興は住民主体で、構造改革の押付けは許されない。政治のベクトルは常に「人間を幸福にする」ために…その想いで見て聞いて語っての走り書き

前のページ<<990989988987986|985|984983982981980次のページ>>

共産党は都議選で17議席、倍増しました。次は参院選です!

2013.06.24 18:47:32

 
23日、鳩ケ谷で行われた参議院選挙必勝のつどい 私もあいさつ

昨夜は都議選の開票を最後まで見届けました。共産党は倍増の17議席獲得。目標とした議案提出権11名を大きく上回りました。民主党を押さえて都議会第3党となりました。東京は勿論、埼玉からも応援いただいた方々に心より御礼申し上げます。

態勢が判明した段階でのテレビインタビューに市田書記局長は、街頭での訴えに有権者の反応がこれまでとは違っていた。本当に真剣に聞いていただいた。とのべていました。

憲法改悪、アベノミクス、原発ゼロ、どの問題でも、悪政に対決しているのが共産党だということをご支持いただいた結果と思います。さあ、この勢いで参議院選挙です。
昨夜は川口市内で、
伊藤岳予定候補を迎えての必勝のつどいを成功させました。

開会中の県議会には、職員の給与削減条例が出されています。職員の生活を破壊する削減は絶対に認められません。今回の職員給与削減は、国が地方交付税255億円の削減を押し付けてきたことによりますが、その本質は、消費税増税を国民に押し付けることから、国民の反発を避けるために、公務員が行財政改革の先頭に立っていると見せるためなのです。

消費税増税のための手段に職員の給与を大幅削減するとは。2重3重に許せません!

テーマ:選挙/ コメント(2)/

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

あっぱれ

地元荒川は当選に至らずでしたが、都議の議席数17名は快挙でした。アッパレを出しましょう。前回失ったそねさん等を始め、全員復帰し、しかも若手二人が当選しました。未来を託したいものです。次は、参議院選も控えています。こちらも、議席倍増に私も走ります。

土屋 2013/06/24(Mon)21:39:07 編集

本番です

明日の川口の演説会に当選した曽根都議が応援に来ます。燃えてきましたよ!

まさつぐ 2013/06/24(Mon)23:51:25 編集

ページの先頭へ▲

  • プロフィール
  • まさつぐのお約束
  • チラシ・宣伝物

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カウンター

アクセス解析