雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記

福島原発事故の収束を、脱原発へ、被災地復興は住民主体で、構造改革の押付けは許されない。政治のベクトルは常に「人間を幸福にする」ために…その想いで見て聞いて語っての走り書き

前のページ<<650649648647646|645|644643642641640次のページ>>

放射性ストロンチウムの調査について申入れ

2011.12.02 20:24:06

右、高橋環境部長

放射能汚染の広がりが懸念される中、都内での放射性ストロンチウム検出の報道に、県民から「埼玉は大丈夫か」の声が寄せられています。

ストロンチウム90は半減期が29年、特に怖いのが体内に取り込まれると骨に沈着して骨がんとなることです。国は福島原発100㌔圏外も対象とするとの報道もありますが、これまで埼玉県ではストロンチウムの測定はしていません。

党県議団は、今日、高橋和彦環境部長に対して、県内での調査を求める申し入れを行いました。

テーマ:原発、放射能/ コメント(2)/ トラックバック(0)

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

被災者ランナーに期待を寄せて

被災者が来週の日曜日にホノルルマラソンに出場するとの連絡が入りました。正直驚きましたが、『反原発と復興をアピールしてくる』と言っていました。私もなるほどと感じました。ホノルルマラソンは日本人出場者が多いのですが今年はかなり減っている最寄だと旅行会社の人達が話していました。 私も参加をと言っても料金もスケジュールも厳しいので参加まではまだまだ時間がかかりそうです。勇気ある行動にあっぱれを出し、完走を願っています。

土屋 2011/12/03(Sat)20:24:25 編集

エールを送りましょう

2日は川口市民マラソン大会です。
毎回、3千人、4千人という方がたが出場します。晴天のもと、皆さん楽しんで下さい。

マサツグ 2011/12/04(Sun)11:35:24 編集

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

ページの先頭へ▲

  • プロフィール
  • まさつぐのお約束
  • チラシ・宣伝物

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カウンター

アクセス解析