雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記

福島原発事故の収束を、脱原発へ、被災地復興は住民主体で、構造改革の押付けは許されない。政治のベクトルは常に「人間を幸福にする」ために…その想いで見て聞いて語っての走り書き

前のページ<<673672671670669|668|667666665664663次のページ>>

埼玉県生活協同組合連合会が新春賀詞交換会

2012.01.19 21:37:49

2012年埼玉県生協連新春賀詞交換会が浦和パインズホテルを会場に開催されました。県議会の各会派が招待され、私も党県議団を代表して出席いたしました。

自民党からは大山忍県議、民主党無所属の会から山本正乃県議、公明党から西山淳次県議、社民党から佐藤征治郎県議が参加しました。上田清司知事がお祝いに駆け付け祝辞をのべました。

知事はじめ皆さんのあいさつでも触れられていましたが、生協連の皆さん方が東日本大震災被災地への救援活動、旧騎西高校へ避難された双葉町民への支援活動に尽力されていることに敬意と感謝が述べられました。生活協同組合の本領発揮です。

さらにとてもうれしいことがありました。会場で懐かしい出会いがあったのです。私が政治に目覚めたのは大学生のとき、大学生協設立運動がきっかけでした。
ロッヂデールの原則などを学んだのもその頃です。当時、Sさんという他大学から指導に来られていた先輩に大変お世話になったのですが、卒業以来、お会いする機会はありませんでした。そのSさんが会場におられたのです。短時間ですが昔話ができました。

まさに「あれから40年・・・」 タイムスリップしました。

テーマ:フリー/ コメント(0)/ トラックバック(0)

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

ページの先頭へ▲

  • プロフィール
  • まさつぐのお約束
  • チラシ・宣伝物

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 29 30 31

カウンター

アクセス解析