雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記

福島原発事故の収束を、脱原発へ、被災地復興は住民主体で、構造改革の押付けは許されない。政治のベクトルは常に「人間を幸福にする」ために…その想いで見て聞いて語っての走り書き

前のページ<<710709708707706|705|704703702701700次のページ>>

消費税大増税ストップ4・12国民大集会

2012.04.12 21:46:00




日比谷野音からデモへ 埼玉の先頭に立つ村岡

初夏の陽気となった今日、消費税大増税ストップ4・12国民大集会が東京日比谷野外音楽堂で開かれ、参加者は全国から5000名を超え会場に入りきれないほどでした。私は地域の皆さんとともに川口を10時にでて座ることができました。

今日の集会の呼びかけ人は、ジャーナリストの齊藤貴男氏、主婦連合会会長の山根香織氏、伊藤塾塾長の伊藤真氏、音楽家の池辺晋一郎氏、作家の室井佑月氏、映画監督の神山征二郎氏、弁護士の宇都宮健児氏など多彩な顔ぶれです。来賓に政党からは日本共産党の志位委員長や穀田国会対策委員長、塩川鉄也衆議員らが参加、民主党からも一人国会議員が参加、民主党の中にも消費税増税反対の議員がいます、と訴えていました。

国民大集会とあるように全国から様々な方々団体が参加し、主婦、医者、公務員、農民、業者らが次々と壇上から訴えました。福島から来られた農家の方の訴えもありました。訴えに共通したことは、今でさえ苦しいこの時に消費税の大増税はくらしと営業を破壊すること。税そのものが不公平であること。福祉のためと言うがそれはウソであること。財源は富裕層や大企業から応分の負担をさせることでつくれること。国民の所得を増やすことで税収もあげられること。これらの指摘に参加者から、「その通り」の声援が飛び、「値上げ法案は廃案にしよう」の呼びかけに会場は一つになりました。

集会はアピールを採択し、その後、国会へ向けてデモ行進を行いました。とにかく大勢なので、私たち埼玉は最後列の東京の前で、デモ出発まで1時間以上も待たされましたが元気いっぱい行進をしてきました。皆さんお疲れ様でした。明日からまた頑張りましょう!


テーマ:経済/ コメント(1)/

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

反原発と総選挙勝利に向けて

一昨日の日比谷に続き春日部の反原発集会に参加しました。大飯原発再稼動を宣言していますが、冗談じゃないの一言ではないでしょうか? 復興に消費税増税なんてとんでもない話です。私自身も飲食店やタクシードライバー・仕事仲間にも対話していますが、「反対だね。負担増に原発再稼動となれば経済悪化だけでなく、治安悪化にもなる。声を出そう。」と言った回答が出ました。また、総選挙の小選挙区候補者が各地でも発表されました。荒川地区は墨田地区委員長の阿藤さん・足立はそぶえさん・北区は池内さん・深谷は柴岡さん等全員当選に期待しましょう。

土屋 2012/04/14(Sat)19:49:44 編集

ページの先頭へ▲

  • プロフィール
  • まさつぐのお約束
  • チラシ・宣伝物

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カウンター

アクセス解析