雇用、営業、くらし守る政治へ…マサツグの奔走記

福島原発事故の収束を、脱原発へ、被災地復興は住民主体で、構造改革の押付けは許されない。政治のベクトルは常に「人間を幸福にする」ために…その想いで見て聞いて語っての走り書き

前のページ<<123456次のページ>>

社会保障の充実、財政危機の打開を訴える

2012.04.28 21:56:35


南平児童交通公園前で訴える 左・金子市議

今日は一日、まちかど演説会でした。県議会報告では県立小児医療センター移転問題を訴え、重大局面を迎えた消費税増税問題では、財源をどう考えるか、財政危機をどう打開するか、日本共産党の考え方について訴えました。公園、スーパー、商店街など、川口市議団の皆さんと一緒に廻りましたが、暑いくらいの陽気でした。各地で支部と後援会の皆さんも参加され、鳩ヶ谷のスーパー前では多くの方から署名のご協力もいただきました。声が聞こえたからと言って、わざわざ自転車で駆け付けてくれた方もいて激励されました。本当にありがたいことです。

昼の合間にはSKIPシティに行き、埼玉県生活科学センターの
「彩の国くらしプラザ」のリニューアルオープンセレモニーに地元県議として参加しました。私は開会の15分前に着き控室に通されました。すぐに上田知事も案内されてきました。知事は「村岡議員が階段をあがる姿を見かけましたよ、●●みたいですね!」と私に言ったのですが、最初、何を言っているのか、●●が分かりませんでした。知事の話の続きの中で、●●が「Gメン」と言うことが分かりました。「Gメンのようだった」と言ったのでした。何でGメンが出てくるのか分かりませんが、深い意味はなかったようです。

さて、式典には知事、議長、県民生活常任委員長や来賓に川口市長も参加されました。会場には地元の子どもたちも大勢参加され、小学生も参加してのテープカットが行われました。小島議長も祝辞で触れていましたが、リニューアルによって、安心・安全の消費生活を「体験」型学習で学ぶプラザとなったことです。式典後は子どもたちが競うように各展示に集まり、歓声が会場に溢れていました。
今日は土建主婦の会の総会や夜は土建の分会大会もあり、忙しくも有意義な一日でした。

テーマ:共産党/ コメント(1)/

ページの先頭へ▲

消費税大増税ストップ、くらしと政治を語る会

2012.04.15 21:17:55


お茶会で政治談義 歌も出ました。

昨日と打って変わって晴れ上がった今日、早朝から芝ブロック体育祭の卓球大会、安行樹里安などでの植木まつり、民商北ブロックのお花見会など、駆け足で参加。午後は南平地区で、金子信男市議と「くらしと政治を語る会」、その後、本町の「お茶会」に矢野ゆきこ市議と参加しました。

どの会場でも消費税増税問題への関心は高く、私は話しの中で、社会保障の財源としての消費税増税のまやかしを明らかにし、税制としても不公平税制であることなど話しました。中でも、
輸出大企業への還付税についての話しには、参加者からは初めて知った、本当に不公平だ、の驚きの声でした。

なにしろ、2010年分で消費税還付金は、トップのトヨタ自動車で2246億円、2位のソニーで1116億円、3位が日産自動車の9897億円と、消費税を納めるのではなく、国から税金が還付と称して与えられるのだから、初めて知った人には信じられないのも無理ありません。消費税増税を唱える人の中にも、この還付制度を知らない人は多いようです。

同様に日本の所得税は所得が1億円を超えた途端に、税率は引き下げられることも知る人は少ないようです。日本共産党は
証券優遇税制の廃止でも財源はつくれると提案しています。株の譲渡と配当の税率は現在10%まで引き下げられていますがアメリカでは30%、日本もせめて20%に戻せば、年間で約5000億円の税収増となり、25年間で12,5兆円の財源が生まれます。さらに富裕層への課税の強化も提案しています。

こうして、消費税増税ストップと合わせ、どう財源をつくるのかの提案を説明すると、皆さん、元気が出てきます。つどいに参加したある業者の方は、「今、消費税増税ストップの署名のお願いに歩くと、業者の皆さん、本当にこころよく協力してくれる、以前には考えられない、頼みがいがある。」と話してくれました。まさに今が勝負、運動と世論で政治を変えるときですね。

テーマ:共産党/ コメント(0)/

ページの先頭へ▲

2月県議会が閉会。平成24年度一般会計予算案に反対。

2012.03.29 20:25:41


まちかど演説 板橋市議さんと

2月県議会は26日に閉会しました。党県議団を代表して村岡が討論に立ちました。予算及び議案の中に賛成できないものがあり反対討論となりました。

平成24年度埼玉県一般会計予算の反対の主な理由は、
第一に、県立小児医療センター移転に関するさいたま新都心土地購入費(123億円)が計上されていること。
第二に、職員定数を87人削減すること。
第三に、職員給与を削減すること。
第四に、八ッ場ダム建設予算が計上されていること。
以上を理由に反対しました。

他の議案への態度も含め、詳しくは党県議団のHPをご覧下さい。さて、今日の新聞を見て驚きました。知事会見採録という面での、
県立小児医療センターにかかわる知事の発言についてです。

記者の質問は「現在地に一部の機能だけを残すのは現実的でないという声がある。」・・・これに応えた知事は
「基本的には専門家、医者が判断しなければいけない話しです。患者や保護者が判断する話しではありませんから。患者や保護者を説得するのもまた医者ですから。」(原文のまま)・・・これを見て私は驚いたというより呆れ憤りを感じました。
主権者は一体誰なのか・・・の問題です。

テーマ:共産党/ コメント(2)/

ページの先頭へ▲

鳩ヶ谷市議29年、お疲れ様でした。

2012.02.12 18:52:35


花束を受け取る豊原美代子前鳩ヶ谷市議

今日も各地で新春のつどいがありました。その中で市議さん交代の地域もあります。横曽根地域では、星野洋子川口市議から矢野ゆき子市議へバトンタッチ。合併となった鳩ヶ谷市では、奥田智子市議、野崎浩伸市議、豊原美代子市議が勇退し、新川口市議として金子幸弘市議を誕生させました。

鳩ヶ谷西地域後援会での議会報告会ではその最後の部に、29年間、鳩ヶ谷市議として頑張ってきた豊原美代子前市議さんへ、感謝の花束贈呈がありました。参加された後援会員の皆さん一人一人から、豊原前市議への熱い想いと感謝も語られ、聞いていて思わずジーンとしました。

本当に地域の皆さんの良き相談相手として働き続け、誰からも愛されてきたことが伝わるエピソードの数々。29年間支えて続けてきた夫さんにも皆さんから感謝の声が寄せられました。

「国民の苦難の解消に尽くす」・・・この共産党の立党の精神を、文字通り貫いたのが豊原前市議をはじめ、奥田前市議、野崎前市議、そして、川口の星野洋子前市議さんらです。本当にお疲れ様でした。

テーマ:共産党/ コメント(3)/ トラックバック(0)

ページの先頭へ▲

各地で新春のつどい

2012.02.11 19:41:07


太鼓サークル安行ひびきの皆さん

今日は、党地域後援会主催の新春のつどいが各地で開催されました。中青木地域では、私の挨拶中に大きな揺れが・・・地震だ!と、皆さんに緊張が走ります。3.11から11ヶ月、一日も早い復興を願います。

消費税増税や社会保障の切捨てなど、財界と政府はこの大惨事に便乗して推し進めようとしています。これは
「惨事便乗資本主義」と言えます。総選挙できっぱり審判を下そうではありませんか。と、私の挨拶にも力が入りました。

戸塚地域では落語もあり、戦争時に禁止されたという禁演落語を聞きました。笑って反戦です。安行の太鼓サークルひびきの太鼓や獅子舞もすばらしく、獅子が
「原発いらない」を口にくわえた時は、拍手が鳴りやまないほどでした。その獅子舞を演じていたのが若い娘さんと知ると、さらに大きな拍手が起きました。
どのつどいも明るく元気で、後援会活動のスタートにふさわしいものでした。

テーマ:共産党/ コメント(0)/ トラックバック(0)

ページの先頭へ▲

消費税・tpp・原発の署名3点セットで川口駅宣伝

2012.01.27 17:53:49


署名のお願いを訴える村岡です(川口駅東口デッキ)

毎週金曜日は川口駅での日本共産党定例宣伝日です。今日は、金子信男川口市議団長や奥田智子前鳩ヶ谷市議さんらと、「消費税増税反対」「TPP参加反対」「原発撤退、自然エネルギーへの推進」の国会請願署名3点セットをお願いしながら宣伝しました。

寒いせいか宣伝ビラにはなかなか手が伸びませんが、それでも顔見知りの方から「がんがってね!」「寒い中ご苦労さま」と激励をいただき元気をもらいました。

消費税増税反対署名をされたご婦人から、「tppって、消費者にとってはどうなの?」の質問も。すかさず「何も良い事はありません」「混合診療の解禁や遺伝子組み替え規制の撤廃」など、すべての分野でくらしが深刻になります、と説明すると、こちらにも署名をしていただきました。

鎌倉から仕事で来たという男性は、じーっと訴えを聞いていて、「言っていることはもっともだ、増税は辞めさせられるかね・・」「議員はこれしかいないのか、もっと増やさなければ・・・」の鋭い激励のご指摘もいただきました。

外は寒いが政治への怒りは熱い。総選挙で応える時と実感させられました。

テーマ:共産党/ コメント(2)/ トラックバック(0)

ページの先頭へ▲

村岡タコ 大空に舞う

2012.01.26 21:35:36


村岡まさつぐのタコが大空に舞い上がりました

感激です! 中央地域後援会の皆さん方による手製の村岡タコが大空に舞ったのです。

昨年の暮れに後援会事務所で、皆さん方が正月用のタコづくりをしていたのは知っていましたが、まさか「村岡まさつぐ」が舞うとは・・・後でお聞きすると、あがれあがれ!下がっても絶対落とさせない・・・!と念じながらあげていただいたとか・・・現場に駆け付けられずゴメンナサイ。

後援会の皆さん、本当にありがとうございました。皆さんの想いはしっかり受け止めさせていただきました。2012年も頑張り抜きます。

テーマ:共産党/ コメント(0)/ トラックバック(0)

ページの先頭へ▲

2012謹賀新年

2012.01.01 11:24:30



2012 謹賀新年

新春街頭演説 川口駅

右から 梅村さえこ衆議院北関東比例代表予定候補
     塩川鉄也衆議員
     伊藤岳党国民運動責任者(前参議院候補者)
     村岡正嗣県議会議員

テーマ:共産党/ コメント(2)/ トラックバック(0)

ページの先頭へ▲

この一年のご支援に感謝。新春街頭演説のご案内。

2011.12.31 15:46:27

 3月11日の東日本大震災から10ヶ月、まもなく新しい年を迎えます。被災された皆さんに一日も早く穏やかな日々が訪れることを今は祈るとともに、埼玉県政に身を置くものとして、大震災・原発事故からの復興に何ができるかを探求し最善を尽くしてまいります。

 2012年は、基地問題、TPP、消費税増税問題など、重要課題が目白押しです。埼玉県では、新5カ年計画を審議する特別委員会が12日より開催されます。委員の一人として奮闘する決意です。
 
 この1年のご支援にこころより感謝申し上げます。

 
2012年新春街頭演説におでかけください。
 

   ●と き 2012年1月1日(日)午前10時~
   ●ところ 川口駅東口デッキ
   ●弁士 塩川てつや衆議院議員・梅村さえこ衆院北関東比例代表予定候補・ 
        村岡まさつぐ県議会議員・党川口市議団

テーマ:共産党/ コメント(0)/ トラックバック(0)

ページの先頭へ▲

衆院北関東比例候補 梅村さえ子さんがデビュー

2011.12.25 19:35:32


左:星野洋子前市議、村岡、梅村さえ子候補、矢野ゆき子市議

街頭演説第3日、午前中は横曽根後援会の「平和まつり」に参加しました。餅つきや焼きそば、バザー、写真展など、盛りだくさんの出しモノです。野菜売り場で目についたのが三浦大根、とにかく大きい、白菜もスーパーの4倍ほどの大きさがあります。しかも新鮮。写真を撮るのも忘れるほどびっくりです。

会場には次期衆院選挙で、北関東比例ブロックから立候補予定の
梅村早江子(さえこ)さんも顔を出し一緒にごあいさつしました。誠実で落ち着いていて笑顔の素敵な方です。梅村さんは以前から知っていて、蕨在住のママさんです。消費税増税反対や蕨駅にエレベーターの設置を求める運動でご一緒しました。また、頼高蕨市長誕生にがんばってきた方です。国会ですぐにでも活躍できる人です。

今朝の新聞各紙の一面トップは、野田内閣が90兆円超の2012年度予算を閣議決定したと伝えています。「消費税先食い」「年金引き下げ過去最大」「生活重視破綻」等の見出しです。こうした国民のくらしを顧みない政治は何としても変えなくてはなりません。来年はそのチャンスの年です。

テーマ:共産党/ コメント(0)/ トラックバック(0)

ページの先頭へ▲

街頭からの訴え二日目

2011.12.24 19:10:35

街頭演説第二弾 3人の川口市議さんとともに街頭演説です。昨日より暖かかったので助かりました。

民主党は結局八ッ場ダム建設再開を決めました。国交大臣は再開、前原政調会長は予算は認めない、と、対立かに見えましたが、結果はミエミエの茶番劇でした。

これで党内のガス抜きはできたのでしょうか。現地住民の皆さんはたまったものではありません。さらに、消費税増税はとんでもない・・・と、訴えました。



前川バリュー前 松本幸恵市議と村岡


      
蕨駅前通り 今井初枝市議と       朝日ヤオコー前 金子信男市議と

テーマ:共産党/ コメント(0)/ トラックバック(0)

ページの先頭へ▲

街頭より県議会報告…寒かった~

2011.12.23 20:54:32


戸塚イイダ前で訴える村岡と板橋博美市議

今日から3日連続の街頭宣伝デーです。今日は板橋博美市議、矢野ゆき子市議さんと一緒に市政・県政報告を行いました。

大寒波のせいで思いっきり寒かったのですが、どの街頭演説先でも党と後援会のみなさんが聴きにきて下さり、こころ温かく訴えることができました。みなさん寒い中、本当にありがとうございました。

明日も朝から1日中訴え続けますので応援よろしくお願いします。久し振りの赤ジャンパーで燃えている村岡です。

テーマ:共産党/ コメント(0)/ トラックバック(0)

ページの先頭へ▲

TPP学習会 紙芝居編

2011.11.26 19:43:54







「TPP参加で私たちのくらしはどうなるの?」・・このテーマの学習会の講師を依頼されました。中青木地域のみなさんの集まりに呼ばれてのことです。

役員さんからは事前に、「分かり易く話して」と難しい注文があり、いろいろ考えて紙芝居にしました。そのため、この2日間、画用紙を買ってグラフやイラスト、漫画などを書いて準備しました。

tppとは、t-とんでもない、p-ペテンだらけの p-パートナーシップ と覚えて下さいと、話を切り出しました。TPPに乗り遅れるな・・の推進論には、バスはバスでもその実体は、「かん太平洋なかまバス ぼったぐり号」と言うバスです。このバスに乗ったら、身ぐるみ剥がれされます。しかも、このバスはガラガラです、と説明しました。

皆さんから「楽しい学習会だった」と感想が述べられ、苦労のし甲斐がありました。私自身も楽しめた学習会でした。

テーマ:共産党/ コメント(0)/ トラックバック(0)

ページの先頭へ▲

党と県内各団体との懇談会

2011.10.18 22:27:48

県政報告をする村岡県議

日本共産党と県内各分野の団体との懇談会が開かれ、党県議団として参加しました。一日がかりの懇談で、午前の部は、労働、農業、商工、教育、平和関係団体などで、午後は、医療、福祉、女性、青年、市民関係団体との懇談です。

村岡が午前jの部、柳下県議が午後の部に参加し、国会からは、塩川鉄也衆議員と紙智子参議員が参加しました。

午前の部では、建設関係からは、業界自体の存続があわゆい状況にあるとの厳しい発言が、平和団体からは県内の基地問題で、県としての基地白書をつくる必要が指摘、公務労働の組合からは、地域主権問題にかかわり、財源を伴なわない市町村への権限移譲問題などについて発言がありました。

発言のすべてが現場で起こっている現実からの提起で、私にとっても大変勉強になりました。今後の課題が見えてきました。
私は9月県議会を通じて政治を動かす力は県民の世論にある、と挨拶させていただきました。その一例として、岩槻の小児医療センター移設問題では、地元からの4万筆をこえる署名が自民党をも動かし、決議の採択まで発展したことを紹介しました。

テーマ:共産党/ コメント(0)/ トラックバック(0)

ページの先頭へ▲

金子ゆきひろ事務所開き

2011.10.09 20:40:30


 事務所開き後、参加者に挨拶する金子市議

鳩ヶ谷市議会議員の金子ゆきひろさんの事務所開きがありました。事務所の場所は鳩ヶ谷市里です。その鳩ヶ谷市では今日、閉市式が行われ、いよいよ明後日11日の川口市との合併により、市の名前が消えることとなります。

事務所開きでは私もごあいさついたしましたが、最後にあいさつに立った金子ゆきひろ市議のあいさつを聞いて、若いが中々の苦労人であると知りました。

そこで金子ゆきひろ市議の人物紹介です。

金子さんは学生時代、家庭の事情で学費が払えなくなり、一度は大学を辞めることを決めたが、相談した共産党の事務所の人が、大学を続けたいのなら、と言って自分の貯金をおろし貸してくれ、そのお陰で卒業できたと言います。

卒業後は、建設職人・親方の組合「埼玉土建」に就職、組合員さんが仕事でクタクタにもかかわらず、会員拡大などに頑張る姿に勇気付けられてきた、と謙虚です。こうした経験がその後の市議の活動に生きています。住宅リフォーム制度をつくらせる。多重債務相談窓口の新設など、金子ゆきひろ市議は実現力抜群です。

テーマ:共産党/ コメント(2)/ トラックバック(0)

ページの先頭へ▲

大門実紀史参議員を迎え日本共産党演説会

2011.10.08 20:54:26

「原発に頼らない社会をつくり、子どもたちに明るい未来を」・・・と題した日本共産党演説会が、大門みきし参議員を迎えて鳩ヶ谷市で開かれました。
大門参議員の、難しい話しを分かり易くユーモアある話しはどこでも大評判で、今日も野田政権の本質を的確に指摘し、国政の核心をズバッと話されました。

また、子育て中の若いお母さんからも発言があり、深く考えさせられました。3日後に鳩ヶ谷市は川口市に吸収されますが、保育所が今後どうなるか、大変心配する発言でした。「先生の異動が心配です」「延長保育一回でも月15000円も追加負担になる」「子どもたちが散歩に出る時、安全確認はと聞いたら、出発前と帰ってきた時に全体写真をとって、全員揃っているか調べるから大丈夫と、子育て支援課に言われ、お母さんたちは唖然としました」など、合併による弊害が告発されました。

鳩ヶ谷市の良さが失われるの、だから、私たちの想いを託せる金子ゆきひろさんに頑張って欲しい、のエールでした。
川口増員選挙の予定候補者で、現鳩ヶ谷市議の
金子ゆきひろさんの熱い決意には、会場から割れんばかりの拍手でした。

選挙告示まであと3週間ですが、夜は、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭のオープニングセレモニーに参加してきました。一時、別の世界でした。

テーマ:共産党/ コメント(1)/ トラックバック(0)

ページの先頭へ▲

真実を知るには赤旗が一番 お茶の間懇談会

2011.10.02 19:36:24



 午後、朝日地域での「お茶の間懇談会」に参加しました。私からは開会中の県議会の様子を報告、30日の私の一般質問での民間賃貸住宅借上げの延長の求めに、知事の「きちんと対応する」との答弁を伝える赤旗記事を見た方から、早速、要望が寄せられたことを伝えました。

 皆さんからは、「放射能汚染が収まらないのに避難解除はおかしい」「原発は安全でないのに何故推進されたのか」 別の方からは、「病院をなぜ2ヶ月で追い出されるか」「介護保険料払っていてもいざの時、使えない」など医療や介護、さらに、年金の話しから地デジのこと、八ッ場ダム問題など、話は白熱して予定時間を過ぎても終わりません。

「本当のことを知るのが大事だね」「日本人はもっと怒らなくては」と、すると家主さんから
、「真実を知るには赤旗だよ、特に日刊紙が一番いい」の訴えです。
身近な家での「お茶の間懇談会」は気軽に話せていい、と大好評でした。
ミニミニ集会、どんどんやりたいですね。
 
      

テーマ:共産党/ コメント(3)/ トラックバック(0)

ページの先頭へ▲

9月30日県議会、傍聴にお出かけ下さい

2011.09.25 21:00:07

9月県議会で村岡まさつぐが一般質問を行います。

期日:9月30日(金)午後3時(予定)

是非、傍聴にお出かけ下さい。


現時点で予定している質問項目は次の通りです。

1、東日本大震災の被災者支援について
  (1)県外からの避難者に対する住宅提供を含む支援策の充実について
  (2)県内における大震災の被災者支援策について
2、東日本大震災の教訓を生かした防災対策の強化について
3、放射能汚染から県民の健康を守る対策について
  (1)ホットスポットの検出と除染をいそげ
  (2)食の安全確保をめざす取組みについて
  (3)上下水処理場における放射能汚染汚泥処理について
4、本県医療体制の整備について
  (1)医師確保対策に本腰を
  (2)県立小児医療センター移転について
5、地域経済の活性化、振興対策について
  (1)低価格入札問題と公契約条例について
  (2)住宅リフォーム助成制度について
6、八ッ場ダム建設問題について
7、県立川口特別支援学校の過密解消対策について
8、原発依存から再生可能エネルギー政策への転換をはかることについて
9、環太平洋経済連携協定(TPP)参加問題について

        内容等変更もあります


テーマ:共産党/ コメント(0)/ トラックバック(0)

ページの先頭へ▲

日本共産党創立89周年 南部地区 記念のつどい

2011.09.17 23:41:50



    照れ気味の金子ゆきひろ市議




南部地区の党創立89周年を祝う記念のつどいが開かれました。短い時間でしたが、50年党員のAさんのお話しに胸をうたれたり、記念講演「しんぶん赤旗の魅力を語る」と題した近藤正男赤旗編集局次長の話に、なぜ、赤旗はスクープを連発できるのか、胸のすく思いで聞かされました。

10月30日告示、11月6日投票の合併による川口市議増員選挙に立候補予定の
金子ゆきひろ鳩ヶ谷市議からは、じーんと沁み出るような熱い決意が語られ、参加者から大きな拍手が送られました。

この記念のつどいも、いつの頃からか忘れましたが、2部構成となり後半は毎回文化行事です。今夜はヴァイオリンのすばらしい演奏を堪能しました。ヴァイオリニストの方から、被災地での体験話しも聞かせていただきました。彼女は言います。音楽ではお腹を満たすことは出来ませんが、こころを洗うことは出来ます。と。本当ですね、私も洗われました。

テーマ:共産党/ コメント(0)/ トラックバック(0)

ページの先頭へ▲

共産党さんの見方が変わりました!

2011.08.28 01:14:41

毎日のように生活相談が寄せられ、離婚、借金、税の滞納、病気、介護などなどその内容も様々です。
昨夜の生活相談は今井はつえ市議さんと一緒に伺いました。相手は若いご夫婦でしたがお父さんも同席されました。

話しがすすんだところでそのお父さんが突然
、「共産党さんの見方が変わりました!」とおっしゃいました。私がどう変わったのですかと尋ねると、「今までは自民党などとの付き合いだった、共産党は困った人のために働く、それ自体が仕事だとは・・・見方が変わりました」との返事です。

共産党=住民のよき相談者、が当然と思っていたこちらはビックリ、同時に、党との接触がなければ認識はこうなのか、と反省。一人でも多くの人に党を知ってもらうことの大事さ、私たちの活動の狭さを痛感させられた生活相談でした。

テーマ:共産党/ コメント(2)/ トラックバック(0)

ページの先頭へ▲

埼玉労働者後援会で国政・県政報告会

2011.08.03 22:19:29



 埼玉労働者日本共産党後援会主催による国政・県政報告会がさいたま市民会館うらわを会場に開催されました。塩川鉄也衆議員が国政報告を、村岡が県政報告を行いました。

 国政でも県政でも、被災者救援は重要なテーマとなり、県内南栗橋地区での液状化被害救済の取り組みをそれぞれ報告。現地には私も塩川衆議員と一緒に調査に入り、久喜市議団とともに県当局に支援の申入れを行ってきました。国会では塩川衆議員が生活再建支援制度の適用緩和を繰り返し求め、ついに認定基準が見直されました。

 上田知事は6月県議会の中で、「県が支援すれば国がやらなくなってしまう…」と耳を疑う答弁。県がまずやって、国を動かすことこそ県政のとるべき態度のはず。
 知事選を戦ったあとだけに報告内容も参加者によく伝わり、うなずく顔も多かった様に感じられました。

 最後に 事務局長より、「つどいや学習会を旺盛に開こう」、の行動提起と、25日には市内での恒例のビアパーティーの案内がありました。
よく学び、よく遊ぶ・・・暑い夏、それも大事なことですね。

テーマ:共産党/ コメント(0)/ トラックバック(0)

ページの先頭へ▲

  • プロフィール
  • まさつぐのお約束
  • チラシ・宣伝物

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

アクセス解析